« 声の持続  「あー」と何秒 伸ばせますか | トップページ | 聖書の箴言から   »

2018年2月24日 (土)

尊厳療法 ディグニティーセラピー

 岐阜県には、平成6年4月1日に県が設立した「岐阜県音楽療法研究所」というところがありました。これは、全国的に、県立ということでは唯一の先進的な研究所でした。この岐阜県音楽療法研究所は、 7百名ほどの「岐阜県音楽療法士」を育て、閉所されました。 私は最終年度の一つ前の第17期生です。

  岐阜県音楽療法所の閉所後は、「ぎふ音楽療法協会」というNPO法人が、音楽療法士や関心を抱いている人の集まりとして、実践検討会や講習会を開催しています。

  先週の土曜日は、この「ぎふ音楽療法協会」主宰で、緩和ケアと児童デイサービスにおける音楽療法の実践検討会がありましたので、得がたい機会として参加しました。

  その会の中で、「尊厳療法 ディグニティーセラピー」について、教えていただきました。少し、専門的な内容になりますし、まだ聞きかじりの段階の私ですので、関心のある方は、下記のURLをクリックしてご覧ください。 私も、これからの参考にしたいと思います。

https://www.pref.aichi.jp/cancer-center/hosp/15anti_cancer/dignity-therapy.html

  ところで、音楽療法と申しますと、集まってくださる方を患者さん扱いするような印象が生まれるように思います。そういう場面も、時によってあることは確かですけれど、そういう場面でないときには、「音楽時間コーディネーター」とか「音楽時間パートナー」というような呼び名がいいかなぁと思っています。

  今日も、よい日となりますように。

  明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にどうぞ、いらしてください。

|

« 声の持続  「あー」と何秒 伸ばせますか | トップページ | 聖書の箴言から   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尊厳療法 ディグニティーセラピー:

« 声の持続  「あー」と何秒 伸ばせますか | トップページ | 聖書の箴言から   »