« 大相撲 ・・・ まじめに打ち込んでいる力士たち は 素晴らしい | トップページ | ウイーン国立歌劇場の合唱団員 アンネット 一恵 ストウルナートさん »

2018年3月25日 (日)

雨のち晴れ 

0008
  春分の日の21日・・・東京・いくつかのところが雪景色・・・その日、岐阜市は雨でした。明けて22日は晴れたので、ウオーキングできなかった分を取り戻そうと、関市の百年記念公園に出かけました。

  少し、風はありましたが、歩くと体が温まってき心地よかったです。

0003  公園のありがたいところの一つは、植物に名札がかかっていて、勉強ができることです。

  もっとも、一度読んだだけでは頭に残りませんが、幸い、試験を受けるわけではありません。

  そばへ寄って読んでみますと、情報量がなかなか多いことが分かりました。

  そして詩心のある名前だと思いました。 「ソヨゴ」・・・・・

0006
  そういえば、以前、植物に詳しい先生から植物の分類に「妖精目」という項目があることを教えていただきました。ピーターパンに出てくるティンカーベルのような雰囲気で水辺に佇んでいるとのことです。

  妖精は外国語ではfairy(フェアリー)やnymph(ニンフ)という単語があるそうで、妖精目はニンファーシスというそうです。 なんだか、この響きもロマンが感じられますね。

 ニンファーシス ・・・

 今日も、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にどうぞ。




|

« 大相撲 ・・・ まじめに打ち込んでいる力士たち は 素晴らしい | トップページ | ウイーン国立歌劇場の合唱団員 アンネット 一恵 ストウルナートさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨のち晴れ :

« 大相撲 ・・・ まじめに打ち込んでいる力士たち は 素晴らしい | トップページ | ウイーン国立歌劇場の合唱団員 アンネット 一恵 ストウルナートさん »