« 詩 「おかあさんの膝」 新川和江さん | トップページ | 四季 ・・・「九十日の民」 »

2018年4月22日 (日)

音楽りょうほう 

Cjf01 音楽りょうほう ・・・ 「音楽療法」と漢字で書くと、集まってくださった方たちに治療を施すという印象を持たれる方もおいでになるということで、音楽療法士仲間でも話題になる用語です。

   「音楽利用法」という言葉に出逢ったこともありましたが、先日、あるホスピスでの音楽時間で感じたことが元になって、 ラグビーの試合終了を告げる笛を「ノーサイドの笛」(敵味方なし)と呼ぶことを思いだし、こんな五七五七七をその夜、作ってみました。

  ホスピスで 音楽時間の ボランティア 双方に恵み 「音楽両方」

   音楽療法士 → 音楽時間コーディネーター ・音楽時間パートナー

 と考えていましたが、「音楽両方士」というのも、考え方として、ありかなあと今は思っています。 うーん、もう少し考えてみますね。

  今日も、よい日となりますように。

  日曜日。キリスト教会の礼拝においでください。神様が喜んでくださいます。

|

« 詩 「おかあさんの膝」 新川和江さん | トップページ | 四季 ・・・「九十日の民」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽りょうほう :

« 詩 「おかあさんの膝」 新川和江さん | トップページ | 四季 ・・・「九十日の民」 »