« アドラーの言葉 その三 11~15 | トップページ | 5月5日 こどもの日 »

2018年5月 5日 (土)

アドラーの言葉 その四 16~20

  心理学者アドラーの言葉、最終回です。

(16)甘やかすと相手の勇気を奪ってしまう。
手助けしたり、チヤホヤしたりするのではなく、独り立ちの練習をさせなさい。

(17)命令口調を止めて、お願い口調や私を主語にして伝えるだけで、相手に勇気を与えられるだろう。

(18)理不尽な上司や学校の先生に無理矢理認めてもらう必要はない。

 市場価値の高い人になればいい。より大きな共同体で考えればいいのだ。

(19)自分と違う意見を述べる人はあなたを批判したいのではない。

   違いは当然であり、だからこそ意味がある。

(20)人の育て方に迷ったときは、自分に質問するといい

  「この体験を通じて、相手は何を学ぶだろうか?」と。そうすれば、必ず答えが見つかるだろう。

   ◇    □   ○   ※   ☆

 四回に亘って心理学者アドラーの言葉を紹介させていただきました。

 ゴールデンウイーク、いかがすごしておいででしょうか。

  今日も、よい日となりますように。

  明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« アドラーの言葉 その三 11~15 | トップページ | 5月5日 こどもの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アドラーの言葉 その四 16~20:

« アドラーの言葉 その三 11~15 | トップページ | 5月5日 こどもの日 »