« 「忙しい人」と「仕事ができる人」  その2 | トップページ | 「忙しい人」と「仕事ができる人」  その4 »

2018年5月22日 (火)

「忙しい人」と「仕事ができる人」  その3

その11.

『忙しい人』は、根回しがヘタ。仕事が完成した後に、関係者から異議がでて、トラブルシューティングに奔走する

『仕事ができる人』は、根回し上手。仕事を始める前に、重要な関係者をリストアップし、根回しを完了させる。仕事完了後に関係者からの異論はほとんど出ない。

その12.

『忙しい人』の優先順位は、納期期限が中心。納期が迫っているモノが優先順位が高い仕事になっている

『仕事ができる人』の優先順位は、仕事の効率とその仕事の目標への寄与・貢献度。

その13.

『忙しい人』は、集中できる環境を作ることができない。電話や誰かが話しかけてきて作業の邪魔をする為に、同じ事こと何度も考えないといけない。

『仕事ができる人』は集中できる環境を作ることができる。誰も思考や作業を邪魔しない環境を作ることができる。

その14.

『忙しい人』は、携帯電話にかける数より、かかってくる本数が多い。

『仕事ができる人』は、携帯電話にかける数の方が多い。携帯電話にかかってきて仕事を中断させられる事態を、先手を打つことで防いでいる。

その15.

『忙しい人』は、自分が他人に頼んだことを忘れている。頼んだ相手も、頼まれた仕事を忘れており、それがトラブルを生み出す。

『仕事ができる人』は、自分が他人に頼んだ仕事は決して忘れない。時折、チェックも入れるので、相手も忘れることができない。

   ◇    □    ○   ※    ☆

  うーむ  ・・・  農業の達人とそうでない人のことを述べた言葉を上記から思い出しました。

 上・中・下の三段階で述べられていました。

 上農は、草を見ずして 草を引く

 中農は、草を見て 草を引かず

 下農は、草を見て 草を引かず

 ・・・ 草が生えてくる前に 既に 草を引いている 達人と 草を見ても そのままにしておく人との 違いは大きいですね。  ただし、草を引かないで、収穫の量も質も高める という高等技術が今はあるのでしょうか。

 草の有無だけで判断できない奥深さが 農業にはあるようです。

 いろいろ 学びたいことが 世の中には たくさんあることを思うと 心が引き締まる思いと 楽しみがたくさんあるようで うれしくなってきます。

 心だけでなく、身も引き締まるといいね  ← はーい、ごもっともなお言葉、ありがとうございます。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 「忙しい人」と「仕事ができる人」  その2 | トップページ | 「忙しい人」と「仕事ができる人」  その4 »

コメント

  じっくり読ませていただきました。
うーむ、夫婦できれいに分かれているような気がします。
私は忙しい人にばかり当てはまります。とほほ。
夫は仕事ができる人
バランスが取れているとよいのですが、やはり仕事ができる人になってみたい!
※ ムーミンパパより
  コメントありがとう。関根牧師さんの結びの言葉は、明日紹介させていただきますが、一足先にフライイングでお伝えします(^J^)・・・「どちらの人も、いてくれてありがとう」 です。 どの人にも、両方の傾向が内在していると思いますが、どちらの場合も大切なのは、幸せにつながる忙しさ、そして仕事のはかどることも、幸せにつながっていること であると思います。 自信をお持ちくださいね。今日も、よい日となりますように。 

投稿: rommy | 2018年5月22日 (火) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「忙しい人」と「仕事ができる人」  その3:

« 「忙しい人」と「仕事ができる人」  その2 | トップページ | 「忙しい人」と「仕事ができる人」  その4 »