« 青田を渡る風 | トップページ | 世の光 地の塩 »

2018年6月 5日 (火)

一歩でも 多く

 テレビで銘茶の産地の方が語られた一言が心に響きました。

 「一歩でも多く茶畑に入った人のお茶には、かなわない」・・・ 達人は達人を知ると申しましょうか。 すごいですね。

 「菊の肥やしは主(ぬし)の足音」という言葉も連想いたしました。

 世界一、たくさんホームランを打った王さんは、おそらく気合いのこもったバットのスイングをした回数も、世界一多い人でもあることでしょう。

 人の目につかないところで、こつこつと厳しい修練、研鑽の時間を積み重ねた方は、余人の追随を許さない高みに到達し、しかもそれで満足しない・・・そういう世界を感じさせていただきました。

 今日も、良き一歩を記すことができる日となりますように。

  写真は、図書館近くで見かけた栗の花です。秋に実るために、今、花が咲いているのですね。0005

|

« 青田を渡る風 | トップページ | 世の光 地の塩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一歩でも 多く:

« 青田を渡る風 | トップページ | 世の光 地の塩 »