« 聖書の学びと 持ち寄りランチ | トップページ | 『ピアノ調律師』 ゴフスタイン 著  末盛千枝子 訳 »

2018年7月15日 (日)

ボランティア ・・・ 善意の意志

 毎月一回、音楽訪問させていただいているホスピスには、いろいろなボランティアが活動されています。

 玄関の花、お部屋を訪れて抹茶を点てる方・・・ ドリンクサービスや、ベッドごとお部屋から移動して参加される方のお世話を看護師さんに助力してなさるかた ・・・ ムーミンパパとママの音楽タイムも、この方たちのお力添えがあって展開することが出来ているので、感謝しています。

 今月のプログラムの中に♪「牧場の朝」を入れました。 歌う前に、「皆さんの中に、馬に乗られた方はありますか?」とお尋ねすると、ボランティアのお一人が挙手されました。

  なんと、インドで、馬に乗ってかなりの距離を行き、ガンジス川の源まで行かれたとのこと ・・・興味深かったのは、ガンジスの源泉は湧き出たときから、あの色なのだということでした。

  音楽タイムのあと、もう少しお話を伺うと、メキシコのピラミッドを目の見えない方二人をアシストしながら上り下りした体験も話してくださいました。

  インドのことも、メキシコのこともお話を伺わなければ分からないことばかりです。

  以前、ボランティアの日本語訳を確かめようとしたとき、一番ぴったり感じられたのは「善意の意志」という言葉でした。 今は、80歳近くになっておられるその男性は、若いときからボランティア活動に打ち込まれた動機を、あまりもののない時代に周囲のかたと助け合って育ったから・・・ とお話くださいました。

 音楽タイムの会場に来られなかったかたもお部屋で耳を澄ませて、喜んでおられましたよ と さりげなく話してくださったボランティアさんもありました。

 ささやかな活動を通して、いろいろなかたにお目にかかれるのは大きな恵みだと改めて思いました。 ありがとうございます。

 「音楽療法」はどの人も音楽を通して力づけられる「音楽両方」だとの意をますます強く感じました。

 今日も、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

 写真は、私の通う教会近くの合歓の花(ねむのはな)です。ちょっと撮影時期を失してしまいましたが 雰囲気なりと ・・・・。

Photo

|

« 聖書の学びと 持ち寄りランチ | トップページ | 『ピアノ調律師』 ゴフスタイン 著  末盛千枝子 訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア ・・・ 善意の意志:

« 聖書の学びと 持ち寄りランチ | トップページ | 『ピアノ調律師』 ゴフスタイン 著  末盛千枝子 訳 »