« ハンカチの花 崑崙花(コンロンカ) | トップページ | 足元を 大切に »

2018年7月 8日 (日)

百合

0005 巣箱と百合を眺めていて、聖書の「山上の垂訓」の一節を思い浮かべました。

 有名な箇所で、ご存じの方も多いことと思います。 今日は、文語で、引用させていただきます。マタイによる福音書6章からです

  ◇   □    ○

  6:26 空の鳥を見よ、播かず、刈らず、倉に收めず、然るに汝らの天の父は、これを養ひたまふ。汝らは之よりも遙に優るる者ならずや。
6:27 汝らの中たれか思ひ煩ひて身の長(たけ)一尺を加へ得んや。
6:28 又なにゆゑ衣のことを思ひ煩ふや。野の百合は如何にして育つかを思へ、勞せず、紡がざるなり。
6:29 されど我なんぢらに告ぐ、榮華を極めたるソロモンだに、その服裝この花の一つにも及(し)かざりき。

     ◇   □    ○   ※   ☆

 文語のリズム、響きのよさには、また格別のものがありますね。

 今日も、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。 あなたを愛しておられる神様が喜んでくださいます。

|

« ハンカチの花 崑崙花(コンロンカ) | トップページ | 足元を 大切に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百合:

« ハンカチの花 崑崙花(コンロンカ) | トップページ | 足元を 大切に »