« 百合 | トップページ | すてきな歌声 あるコンサート »

2018年7月 9日 (月)

足元を 大切に

0002 タイヤを買いました。 いえ、ダイヤではありません (^_^;

  5月に愛車の定期点検を受けたとき「そろそろ替え時ですね」と言われたのですが、  そろそろという言葉にウエイトを置いて聞いていたのです。

  念のため、車に詳しい方にタイヤを見ていただきましたら、「もう少しは大丈夫でしょう。」と言ってくださったのですが、それからしばらくして「そろそろ替え時ですね」とのアドバイスをいただきました。

 タイヤの広告を見ていて、「オールシーズンタイヤ」というのが目につきました。 オールシーズン・・・ ということは、冬を迎えてスタッドレスに履き替え、春になってノーマルタイヤに履き替える必要が無いということです。

 けれど、どっちつかずというのも心配だからと、整備士の方にお話を伺ってみました。

 「乾いた路面と積雪・凍結した路面に対応するため、工夫して作られたタイヤで、よく出来ていると思います。ただ、個人的には雨の日の走行には、私はちょっとどうかなと思います」と、答えてくださいました。

 結論として、岐阜市では、以前より積雪・凍結の頻度が高くないと感じているこの頃ですし、雪が降ったとき、早朝出勤する必要のある生活ではなくなっていることを考え、しっかりしたノーマルタイヤを購入しよう、と考えました。

 ついでに耐用年数の来ているスタッドレスタイヤも処分しよう と考えました。冬用のタイヤを購入するのは見合わせよう、と今は思っています。 

  「退職された生活でしたら、雪も少ない岐阜市ではスタッドレスを履く必要のある日はあまりないですし、公共機関を利用することもできるし、どうしても雪道を走る必要が出来たときにはレンタカーという手段もあります」 と率直なお話しをいただき、うーむ、なるほどと思ったからです。物置にタイヤを置いておく必要がなくなるのも、魅力に思えてきました。

 というわけで、その整備士さん、お勧めの新タイヤに変えました。ワックスをかけてもらったタイヤと対面 ・・・ つやがあって、あまりに綺麗なので、これからお世話になりますという気持ちを込めて、記念写真を撮りました。

 「運転心地もだいぶんよくなりますよ」「ひと月に一回はエアーチェックにどうぞ」と、その整備士さんは送り出してくれました。 

  『姿三四郎』に、三四郎がお坊さんに「脚下照顧」という言葉を教えられる場面があったのを思い出しました。 何事につけ、足元をたいせつにしようと思いました。

  少し言葉を交わしただけで、おお、この整備士さん、すてきだな、と魅せられました。

 タイヤのことで、アドバイスくださった方々に、お礼申し上げます。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 百合 | トップページ | すてきな歌声 あるコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足元を 大切に:

« 百合 | トップページ | すてきな歌声 あるコンサート »