«  『日本児童詩歳時記』  子どもたちの詩 3 | トップページ | 『日本児童詩歳時記』 5 »

2018年8月 8日 (水)

『日本児童詩歳時記』  4

 今日の詩は、スケールがおおきいです ・・・ 

 ◇   □   ○   ※  ☆

 地球の独り言

      神奈川県 小五 関戸 真吾

この前恐竜が現れたと思ったら

もう絶めつしてしまったか。

今度は人間とかいうのが現れて、

短い時間で文明を発達させ、

最近はかく実験だ戦争だとさわいでおるが、

まったく迷わくな話じゃ。

あんなことじゃ

恐竜ほど長く生きてられそうにないのう。

      ◇   □   ○   ※  ☆

  核兵器、軍備などに注ぐ費用を、福祉・医療・教育、文化 などに用いたら どんなに世の中は住みよいところになるでしょうね。

  そういう社会を築いていくことが出来ますように。

|

«  『日本児童詩歳時記』  子どもたちの詩 3 | トップページ | 『日本児童詩歳時記』 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『日本児童詩歳時記』  4:

«  『日本児童詩歳時記』  子どもたちの詩 3 | トップページ | 『日本児童詩歳時記』 5 »