« 『月を見てパンを焼く』 | トップページ | 認知症 その2  サポーター »

2018年8月28日 (火)

認知症 その1

   私の初任校の校長先生がPTAの会合冒頭に、こんな言葉を用いられました。

「子ども 叱るな 来た道じゃ 年寄り 笑うな 行く道じゃ」

 その時からほぼ50年経っているのですが、心に残っています。

 ほぼ50年経って、私も還暦プラス12=72 に到達しているからより身近になってきたということかもしれません NHKの健康番組のテレビテキストに認知症が特集されていました。そこから、引用紹介させていただきます。

 下に出てくるBPSDというのは、認知症の中核症状と呼ばれる「もの忘れ・時間や場所の感覚があいまいになる・物事がうまくこなせない・言葉が出て来ない」などに対して、周辺症状といわれる「不安・戸惑い・無気力・無関心・昼間の居眠り・夜間の不眠・トイレや入浴の介護拒否・」などの行動・心理症状のことだそうです。 関心のある方は、ご覧ください。

  お医者さんの「いつも「幸せとは?」 と考えています というコラム 温かくてほっとしました。 ※ 画像をクリックしていただくと、読みやすくなると思います。

 今日も、良い日となりますように。

CE
0005


0007_2

|

« 『月を見てパンを焼く』 | トップページ | 認知症 その2  サポーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知症 その1:

« 『月を見てパンを焼く』 | トップページ | 認知症 その2  サポーター »