« 余韻  遠藤伸子さん シャンソンコンサート | トップページ | 他人事と 見過ごすことなく »

2018年9月12日 (水)

車庫のこと  9月4日の後編

 ガタガタ音がしていた車庫の波トタンを台風21号がやってくる前に取り外しました。 岐阜市でもかなりの強風が吹き荒れましたので、この作業は、わたしにしては珍しく、効果的な「事前の一策」となりました。

 電動ドリルのバッテリーの充電も出来ましたので、車庫の骨組みの解体に挑戦しました。 まずは、ビフォアーの写真です。

Photo 波トタンをはずしたカーポートを上から見ると、こんなふうなのだと、改めて思いました。

 解体と申しましても、順番を考えつつ、ネジをはずしていくと一つ一つの部品は、それほど重い物ではないので大丈夫そうです。

 さて、アフターの画像です。

0003 我ながら すっきりいたしました。

  三本の柱はコンクリートに脚部が埋め込まれていますので、記念に残します。(記念というほどのものではないのですけれど)

  ムーミンママが、空洞になっている柱の頭を防水テープでくるんでくれました。

  不器用な、シルエットのムーミンパパですが、作る自信はありませんが、壊すほうならば、案外、ある程度ならば、できるのかも と、しばらく余韻に浸りました。

 長く世話になったカーポートさん、ありがとうございました。 

  考えてみますと、買い物に出かけたときなど、駐車場は屋根付きではないことがほとんどですし、岐阜市では、雪もあまり降らなくなってきていますので、なくても大丈夫かな、と思った次第です。  どうぞ「稀に見る大雪」 などということに なりませんように。

 つたない作業のことに 二回 お付き合いいただき、ありがとうございます。

 辛抱強い読者の皆さまに よい日となりますように。 いえ、辛抱強くないかたにも よい日となりますように (^J^)

【追伸】

    ー 屋根を取り去るということ ー

 この作業完了の翌朝(9月7日)、雨が降っていました。

 車の屋根には、水滴が・・・・・今までこの位置に車を置いたときには見られなかった光景です。 屋根を取り去るとは、こういうことなのだなぁ、と人生のいろいろなことと思いあわせて、しばらく感慨にふけりました。

A
B


|

« 余韻  遠藤伸子さん シャンソンコンサート | トップページ | 他人事と 見過ごすことなく »

コメント

すごいです 感心致しました 感慨もさぞ深いことでしょうね

※ ムーミンパパより
  コメントありがとうございます。解体した骨組みも、昨日リサイクルセンターから車で取りに来ていただいて、すっきりといたしました。何だか自信もついて、感慨深いです。 何かを作れるとさらによいのでしょうけれど ・・・朝のドラマの律君 今、そよ風の扇風機を作ろうと燃えていますね ・・・ なかなかああいうふうには なれません(^J^) 秋の長雨のような感じですが、どうぞ、お健やかで。 涼しくなりすぎないようにと、欲張りなことを願っているムーミンパパです。


投稿: kh | 2018年9月12日 (水) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車庫のこと  9月4日の後編:

« 余韻  遠藤伸子さん シャンソンコンサート | トップページ | 他人事と 見過ごすことなく »