« 母と みたらし団子 | トップページ | 「○分、青い!」 »

2018年9月21日 (金)

『瞳かゞやきて』 ー 園児とすごした幸せな記録 ー

0002  私と同じキリスト教会に通っておられるかたに、32年間幼児教育にたずさわって歩まれた素敵な女性がおられます。

 年齢的には私より少し年長ですが、今もいろいろなことに活躍しておられます。前向きの情熱・若々しいエネルギーは、ワールドサッカーに出場したサッカー選手のよう ・・・ つまり、「半端じゃない」かたです。

  定年退職されたときに作成された冊子、『瞳かゞやきて』は、綴られている文章・短歌・俳句 そしてご自分でお描きになった挿絵もとても素敵です。

  引用・掲載させていただき、ご紹介にかえさせていただきます。

 

  ◇    □    ○   ※   ☆

 「先生 なにがほしい」  ー 保育園から帰る園児を引率したときのこと ー

 里奈ちゃんは5歳。いつもは自分より年下の子の手を引いてくれるのですが、この日は、 先生の手を求めてきて、先生と手をつなぎながら歩き、「ねぇ、先生。先生は今、何がほしいの」と尋ねてきたそうです。

 先生は、「そうね。 健康かな いつまでも元気でこうして皆と一緒に歩いていたい!」

 模範解答したつもりでいたら、こう返ってきたそうです。

「へー。私は『先生は若さがほしいー。』と言うのかと思っていた。 (^J^)

 そして「今日は、お母さんの誕生日なの。お母さんに欲しいものをきいたら、お母さんは、私や弟を叱ってしまった後にね、いつもお願いするんだって 『神様、私にやさしさをくださいって』

 と続け、やがて、遠くの集合場所に子どもを迎えようと待っておられるお母さんの姿が見えると、里奈ちゃんはいつ摘んだのか一輪の野の花をしっかりと握って駆けていったとのこと。

 結びに 次の短歌が置かれています。

母に似し しぐさやさしく 弟と歩道横切る 姉も幼く

   ◇    □    ○   ※   ☆

 へびみつけし 保母の悲鳴に 園児らが 手に手に棒持ち 強がり見する

 秋あかね ボール遊びを かわし飛ぶ

Photo
 保育園、そして子育て支援センターにお勤めになられた日々 ・・・毎日がこうした宝物で一杯だったことと思われます。

 暖かい陽だまりの中に憩わせていただきました。 ありがとうございます。

 これからもお健やかでお歩みくださいますように。

  生かされて ひと日一日が 晴れ舞台 By ムーミンパパ

|

« 母と みたらし団子 | トップページ | 「○分、青い!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『瞳かゞやきて』 ー 園児とすごした幸せな記録 ー:

« 母と みたらし団子 | トップページ | 「○分、青い!」 »