« 『木練柿(こねりがき』 あさのあつこ 著 | トップページ | 映画 「シェルブールの雨傘」 »

2018年9月16日 (日)

ムラサキシキブ

0006 このところ、ぐっと秋めいてきましたので、普段とは違う散歩コースを歩いてみました。

 むむっ、この植物は ?   以前にも尋ねた記憶はあるのですが、返ってきた答えは 記憶にございません。 ムーミンママの答えは 「ムラサキシキブでございます。」

 聞くとよみがえる記憶 というのは、覚えていることになるのかどうか・・・

 それはともかく、雰囲気のあるたたずまい ですね。 ぴったりの命名に思えます。

 河合隼雄さんが外国の方に『源氏物語』の話をすると、「その時代に、われらの祖先は、鎧兜に身を固め、戦に明け暮れていた。 日本ではこのような優れた文学作品を女性が書いていたというのか」と、ジャパンを見る目が大きく変わるのだそうです。

 紫式部、清少納言 世界的にも希有な存在ですね。

 「遣らずの雨」という表現の意味を聞いた韓国からの研修生が、そのことを通して反日感情を克服して、日本文化を愛してくれるようになったという話も聞きました。

 うーむ、こんな感慨を抱くのも、涼しくさわやかな秋風の中に身をおいたからでしょうか。

 よき秋となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にどうぞ。

|

« 『木練柿(こねりがき』 あさのあつこ 著 | トップページ | 映画 「シェルブールの雨傘」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキシキブ:

« 『木練柿(こねりがき』 あさのあつこ 著 | トップページ | 映画 「シェルブールの雨傘」 »