« 『なぜ[いい人]は心を病むのか』 | トップページ | 『おむすびの祈り』 2 »

2018年10月24日 (水)

『おむすびの祈り』 佐藤初女

0001『おむすびの祈り』 

佐藤初女(さとう はつめ) 著

PHP研究所

1997年6月4日 第1版第1刷発行

 森のイスキアというところがあることをお聞きになったことがおありかもしれません。

 青森県の岩木山のふもとにあるところ・・・ この本の著者、佐藤初女さんとその心に共鳴して支えておられる方たちによって開設された安らぎの家です。

 佐藤初女さんが心を込めてにぎったおむすびなどによって、悩み苦しみで心が一杯に詰まっていた方たちが、それぞれの生活に希望を取り戻して帰って行かれました。

 龍村 仁監督が、佐藤初女さん、ジャック・マイヨールさん、フランク・ドレイクさん、14世ダライ・ラマさんの日常を描いた映画 「地球交響曲 ガイアシンフォニー 第二番」 という映画を作られたとのことです。もし、機会がありましたらご覧ください。私も探してみます。

 おむすびをどんな心を込めて作っておられるか ・・・ それをこの本から二回にわたって、引用紹介させていただきます。

 温泉 新鮮な素材を生かしたお食事 受容して心を聞いてくださるお人柄 などが、 おむすびに象徴されていると思いますので。

 ◇  □  ○ ※  ☆

A2
B2
C2
 ◇   □   ○  ※ ☆

 佐藤初女さんは、2016年2月1日、天に召されました。94歳でした。

 その後の森のイスキアのことを私は調べていません。けれど、きっと志を同じくする、今まで初女さんとともに歩んでこられた方たち、支えてこられた方々によって、森のイスキアの働きは続いているのではないか、そうあってほしいと思っています。

 今日も、よい日となりますように。

 身内のひとりの誕生日です。おめでとうございます。


 

|

« 『なぜ[いい人]は心を病むのか』 | トップページ | 『おむすびの祈り』 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『おむすびの祈り』 佐藤初女:

« 『なぜ[いい人]は心を病むのか』 | トップページ | 『おむすびの祈り』 2 »