« 『もしも君に会わなかったら』 | トップページ | 目医者さんの掲示板から »

2018年10月30日 (火)

家事のできる男性に

 今日のタイトル、何だか殊勝ですね。 こういうわけです。

 一昨日、昨日と書かせていただいた早乙女勝元さんは、今、82歳。奥様が召されてから『もしも君に会わなかったら』を執筆しようと手をつけるまで、6年もが過ぎてしまったそうです。眠れぬ夜が多くなり、想い出すのがつらい状態が続いたとのこと。

  音楽教師としてお勤めだった奥様が出かけた後、著述にいそしみながら家事をしているとのことで、女性団体から講演の依頼もあったそうです。

 奥様とは夫婦平等に家事をと考えて歩んでこられたそうですが、その実態は下記のようだったとのこと。

 食事作りは彼女。後片付けは私。

 洗濯の準備は彼女。外に干して取り込むのは私。

 彼女がいなくなったら、なんの料理も出来ず、洗濯機の使い方もわからない。どちらも二等分してやればよかったと悔やんでみても、後の祭りだ。仕方なく洗濯機は全自動に取りかえ、食事は夜だけ息子夫婦たちの世話になっている。

 早乙女さんが読まれた本 『男おひとりさま道』(上野千鶴子 著・文春文庫)には、配偶者に死に別れた夫婦の平均生存期間は、妻が10年、夫が約3年と出ているそうです。

 ちなみに、総務省の統計によると、2018年10月現在、百歳以上の人は日本全体で約7万人、その88%が女性とのデータが出ています。

   ◇   □   ○   ※   ☆

 以上のことから、今日のタイトル 「家事のできる男性に」が生まれました。

 えっ、カジノを勧めるのか ですって ・・・いえいえ、落ち着いてよくご覧くださいね。

 勿論 もう主婦 と対等か、それ以上の実力・経験を備えておられる主夫 もおられることでしょう。  私は 心がけてはいますが、まだまだ初心者です。

 それはともかく、よき10月のフィナーレをお迎えくださいますように。

 

|

« 『もしも君に会わなかったら』 | トップページ | 目医者さんの掲示板から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家事のできる男性に:

« 『もしも君に会わなかったら』 | トップページ | 目医者さんの掲示板から »