« 焦がしチャーハン | トップページ | 「子グマの滑落と登頂」 »

2018年11月 8日 (木)

長期的な展望の大切さ

0001_2  岐阜新聞朝刊(11月6日)に、「人口減少社会」と題する文章が掲載されていました。

  読んで頭に浮かんだのは「人、遠き慮り(おもんぱかり)なければ、必ず近き憂いあり」という『論語』にある言葉でした。

 遠い将来のことまで考えずに目先のことばかり考えていると、近いうちに必ず困ったことが起こる。遠慮なければ近憂あり。

 人口問題だけでなく、日本の抱えている課題の多くのことが思い浮かびますね。

 読んでいろいろなことを考えさせられました。

 それはともかく、よい日となりますように。

 

|

« 焦がしチャーハン | トップページ | 「子グマの滑落と登頂」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長期的な展望の大切さ:

« 焦がしチャーハン | トップページ | 「子グマの滑落と登頂」 »