« さくらももこさんと郡上市 | トップページ | 『科学者も神を信じている』 »

2018年11月11日 (日)

一粒の麦、もし死なずば

0012 ※ 画像をクリックしていただくと、大きくなると思います。

 上記の記事に洞爺丸の事故で亡くなった米国人男性というのは、おそらく三浦綾子さんの名作『氷点』に記されているキリスト教の宣教師のことだと思います。 手にした救命具を日本の青年に譲って自らは海難事故で亡くなった米国人。そのお母さんの献金でキャンプ場が購入され、そして、キリスト教会が誕生したのですね。

 聖書にある「一粒の麦、もし死なずば・・・」の言葉が思い起こされます。

【新改訳聖書 2017年版】
ヨハネによる福音書12章24節

 一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« さくらももこさんと郡上市 | トップページ | 『科学者も神を信じている』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一粒の麦、もし死なずば:

« さくらももこさんと郡上市 | トップページ | 『科学者も神を信じている』 »