« 石蕗(つわぶき) | トップページ | 焦がしチャーハン »

2018年11月 6日 (火)

フラワーアレンジメント

0003
 11月の最初の日曜日は、天に召されたクリスチャン信仰の兄弟姉妹を記念する「聖徒の日」となっています。

 フラワーデザインで有名な国はオランダなのだそうですが、日本に居てオランダのフラワーデザインを学び、指導者の資格を取得した牧師夫人が、「聖徒の日記念礼拝のフラワーアレンジメントを仕立ててくださいました。

  写真では立体感を充分にお伝えできないのが残念ですけれど、たたずまいのすてきさの何割かは感じていただけたら幸いです。

0005  上の行を読み返して、上からもう一枚撮影してみました。

 おお、視点を変えて見る、ということ、大事なんだな と改めて思いました。(^J^)

  その牧師夫人は「神様は最高のデザイナー」とおっしゃっています。

【聖書】

【新改訳2017版 マタイによる福音書6章28節~30節】

 野の花がどうして育つのか、よく考えなさい。働きもせず、紡ぎもしません。
しかし、わたし(イエス・キリスト)はあなたがたに言います。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも装っていませんでした。
 今日あっても明日は炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこのように装ってくださるのなら、あなたがたには、もっと良くしてくださらないでしょうか。

 ◇    □     ○     ※   ☆

 苦しいとき、つらいとき、悲しいとき もあります。でも、どんなときも神様は一緒にいてくださいます。  今日も、よい日となりますように。

   ※ 時々、引用させていただく関根一夫牧師さんのメールマガジンに、今日のブログと相通ずる言葉が掲載されていました。 よろしければ、「続きを読む」をクリックしてお読みいただければ、嬉しいです(^J^) 関根先生、ありがとうございます。

【日ごとの糧】~ローズンゲンによる~
2018.11.06

主よ、あなたは御業を喜び祝わせてくださいます。
わたしは御手の業を喜び歌います。
(詩編92編5節)

「人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを知らせよう。」そして、中風の人に、「わたしはあなたに言う。起き上がり、床を担いで家に帰りなさい」と言われた。その人はすぐさま皆の前で立ち上がり、寝ていた台を取り上げ、神を賛美しながら家に帰って行った。
(ルカによる福音書5章24~25節)
++++
「御業」「御手のわざ」が日々、私達の生活の中で表明され、実行されていることを私達は気づいているでしょうか。
私達の生命の維持、癒やし、立ち直り、罪の赦しと神との絆の確立、賛美の心、祈りの心の成長などは顕著な出来事と理解できるかもしれませんが、
実際は、季節による自然の美しい変化、花の色彩、生態系の不思議な形成と保全などについても、賛美、称賛に値する大きな神様の御手のわざなのだと思います。
今日、「感激、感嘆」に出会ったら、それを「神様、ありがとうございます」と神様に結びつけて「神への賛美、礼拝」として神様と向き合ってみたらいかがでしょう。人生観が変わるかもしれません。
私はカメラは素人ですが、被写体に向かう時、しばしば、「神様、この瞬間の美しさを見せてくださってありがとうございます」と口にしながら撮ることがあります。
決して同じことが二度と起こりませんから、その美を目撃できたことはありがたいことだなぁと感じるからです。映し出された写真だけによるのではなく、その体験そのものが大きな喜びになっていることを感じます。

   ◇    □   ○  ※  ☆

 神様、そして関根一夫先生、ありがとうございます。

 よい日となりますように。 

|

« 石蕗(つわぶき) | トップページ | 焦がしチャーハン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラワーアレンジメント:

« 石蕗(つわぶき) | トップページ | 焦がしチャーハン »