« 絹サヤエンドウ | トップページ | 朝のドラマで 憎まれ役を演ずるということ »

2018年12月 9日 (日)

雲と光

0019_2
   夕方の散歩中に、雲に包まれた太陽がその雲の上と下から光を放っている光景を見て、写しました。雲の形が魚か鳥の尾びれのように見えました。右端の山は金華山・・・その頂きに小さく岐阜城が見えます。

  壮観だったのですが、肉眼で見たときほどに雲間からの光を写し取れていないなぁと感じます。 人間の目って、すごいのですね。

1 こちらは、新築中の教会にスックと立った十字架です。

  今月中には完成ということで、喜んでいます。 岐阜大学からそれほど遠くないところにあり、学生さんたち、留学生さんたち、地元の方たちが、現在はマンションの一室で礼拝や英語で会話しながらのコーヒートークなどをしていますが、手狭になり、待望の新会堂への引っ越しが近くなってきました。

 名前は、「グレースチャペル」と申します。いろいろな国の方がメンバーにおられ、国際色豊かです。  完成しましたら、可能な方はぜひ、様子を見においでください。

  今日は日曜日。キリスト教会の礼拝にぜひおいでください。降誕祭を待ち望む待降節(アドヴェント)の第二週の礼拝が献げられます。

|

« 絹サヤエンドウ | トップページ | 朝のドラマで 憎まれ役を演ずるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲と光:

« 絹サヤエンドウ | トップページ | 朝のドラマで 憎まれ役を演ずるということ »