« 2018年12月 | トップページ

2019年1月21日 (月)

『かちがらす -幕末を読み切った男ー 』

0002_2『かちがらす  -幕末を読み切った男ー』

植松三十里(うえまつ みどり) 著

小学館 2018年2月27日 初版 第1刷発行

  明治政府の重職を占めたのは「薩長土肥」 と小学校・中学校の歴史の時間に習った記憶があります。薩摩・長州・土佐 ・・・さて肥は? → この本を読んで肥は「肥前 佐賀藩」をさしていることが分かりました。 主人公は佐賀藩主 の鍋島直正です。

  驚いたのは、イギリスでジェンナーによって開発された疱瘡の予防法である種痘を日本で広めるために、鍋島直正が我が子に種痘を受けさせたと書いてあることです。オランダ船に頼んで種痘の種を取り寄せ、我が子に受けさせ、成功したのが嘉永2年(1849年)のことだそうです。この成功をもとに、江戸藩邸にいた娘にも種痘を受けさせ、やがて、江戸の町にも種痘が広まって多くの命が救われたそうです。

  反射炉を築かせ、大砲を鋳造 ・・・ これも、備えがあることを諸外国に見せつけて、日本が食い物にされることを防ごうという意図の元に行ったことで、疱瘡の予防のための種痘 武力で攻められないための予防という考え方で力を入れたことだったとのこと。

  書名のかちがらすはカチカチと鳴くことから縁起がよいと言われた鳥で、初めてお国入りした直正の瑞祥とされたという設定で文中に登場いたしました。

 あとがきで、植松三十里さんは、最近のサイバー攻撃と戦う専門家になぞらえて、鍋島直正をとうてい太刀打ちできそうにない西洋との技術戦争に、最初に踏み出した日本人と位置づけています。

  今日も、よい日となりますように。

※ この記事を公開する日時の設定を間違えていました。いつもより時間が遅れましたが、健康でいますので、ご安心ください(^J^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

道路が新品に

0008 我が家の家の前の道路工事が完成いたしました。

  両側の側溝が新しくなり、実質的な道幅が広くなりました。

  1月17日は、舗装工事が予定通り行われ、朝にはこうした状態だった道路が、午後には舗装が完了して、新品になりました。

  通るのがもったいなく思えるほど、輝いています。

0010 「前人未踏」とは申しませんけれど、高村光太郎さんの詩「道程」を思ったり、イタリア映画の「道」、その主題歌の♪「ジェルソミーナ」を口ずさんだりする気分を誘われました。

 「道を切り拓く」ということばの重みを感じたこの工事期間でした。

 チームワークよく、丁寧に工事を進めてくださった方々に敬意を表します。

 ありがとうございました。

 今日も、よい日となりますように。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

「さがしなさい そうすれば見出します」

 聖書の山上の垂訓の中の「狭い門から入りなさい」という言葉は、アンドレ・ジイドの『狭き門』の題名がここからとられたこともあってよく知られています。今のシーズン、受験生とそのご家族にとっては、より身近に感じられる言葉かと思います。

 今日は、その「狭い門から入りなさい」の少し前に書かれている「さがしなさい。そうすれば見出します」という言葉を、最近の小さな体験と結んで書かせていただきます。

  ムーミンママがお気に入りの箸の一本がかくれんぼしていて見つからないと嘆いていました。  その内、どこかから見つかるよと話していたのですが、不思議なことにその日は見つかりませんでした。

   一膳の箸が一本だけになってぽつんとあるのを見ると、何だか落ち着きません。キッチンの中を床の上や物陰まで含めて、大捜索いたしました。 ← だいぶん、大げさです。

  さがし疲れて、一休み・・・ふっと目に留まったのが次の光景でした。(再現映像です。)

Photo  そうです。椅子にかけてあったカーディガンのポケットが、ナイスキャッチしてくれていたのです。

 テーブルの上 床の上 物陰 流し

など、くまなくさがしたつもりでいたのに 半分空中 に その箸はあったのです。

 「わたしは ここよ 早く見つけて!」と叫んでいたかも知れません。

 ともあれ、冒頭の聖書の言葉が、より身近に感じられるようになりました。

 今日も、よい日となりますように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

岐阜県は日本有数のバイオリン生産地

   今日もこのブログを訪れてくださいまして、ありがとうございます。

1月16日 ・・・2019年も、あと350日となりました。 うーむ、早いものですね。改めて書かなくてもよいことですけれど。

 さて、長く住んでいるところについて、他のところで生まれ育ったところの方よりも詳しく知っているとは言えないことをこの岐阜新聞の記事を読んで思いました。

  この記事を書いておられる大藪先生は、ご専門は家庭科なのです。そして英語も堪能で、書写指導の基本を学生たちに教えることにも力を発揮しておられます。 今回は、バイオリンのこと、そしてバイオリンの指導法として世界に知られた鈴木メソッドのことについて書いておられ、興味深く読ませていただきました。

0002_2

 記憶の歩留まりはだんだん下がっていますけれど、例えば、穴の開いたバケツにも水を注ぎ続ければ目減りはしてもどれだけかの水を蓄えていることはできるというような感じで、新しいことを知り続けたいと思います。

  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

サバ缶 と 肉マン ー聖書を身近にー

   このところ、サバの缶詰を使った料理をテレビでいくつか見かけました。手軽に美味しい料理を仕上げることが出来ることと含まれている栄養が身体によいという理由からのようです。

 今日は、へたなおじんギャグに付き合っていただくのが申し訳ないのですが、手っ取り早く申し上げます。

 サバ缶と肉マン どちらもとても聖書的だと思います。

 イエス・キリストの山上の垂訓のなかに

「さばいてはいけません。自分がさばかれないためです。」(マタイによる福音書第7章1節)と書かれています。 ほら、サバ缶が登場しているでしょう!  漢字を入れて見ます サバ缶 → 鯖缶  いえ、そうではなくて 裁かん です。 人を裁かん  人を裁かないことは 大事なことなのです。(裁判官・裁判員のかたのお仕事の場合は別です。)

 さて、肉マンはどうでしょうか。

「あなたがたの敵を愛しなさい。憎んではいけません。」(ルカによる福音書6章27節) 憎んではいけません ・・・肉マン → 憎まぬ ことが勧められていますね。

 新鮮なお正月なのに、古めかしいギャグですみません。

 でも、こういうことを通してでも聖書を身近に感じていただければ嬉しいです。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

『パリ左岸のピアノ工房』

0001『パリ左岸のピアノ工房』

T.E.カーハート 著

村松 潔  訳

新潮社

2001年11月30日

 このブログに何回か登場している本です。なんと申しますか、フィーリングが合うのです。発売当時、ベストセラーになったようです。

 つい手が伸びてしまいそうな題名もさることながら、次から次へと引き込んでくれる内容です。

 アメリカ人の著者は、パリで働くようになって、子どもたちを送り迎えする通りで小さな店を見かけます。

 ピアノ・ショップのようですけれど、何回か訪れても愛想のよさそうな店主なのに中へ入れてくれません。

  好奇心はかき立てられるのですが、門前払いを食わせられるのでいいかげんあきらめようかと思っていたとき、たまたま、いつもの店主ではなく、後に親しくなるリュックがドアを開けてくれて、店への道が開かれます。

  という具合に話していますと長くなりますので、あと少しだけ。

    ◇    □    ○    ※   ☆

リュックの言葉

 (この世には滅多に演奏されることのない飾り物になってしまっているピアノがかなりあるが、)「それこそ話術の名人が独房に閉じ込められているようなものだ」 ・・・そしてきれいに磨かれた、あまり弾かれていないピアノがやってくると歓迎して「さあ、これからは、これは置物であるのをやめて、生きはじめられるんだ」

       ◇    □    ○    ※   ☆

  ピアノという楽器への愛が伝わってきますね。

  特にピアノに魅力を感じておられないかたも、あなたご自身の心惹かれるものと置き換えてリュックの言葉を味わっていただけたら嬉しいです。

  250キログラムほどの小型グランドピアノをほぼ一人で二階まで担ぎ上げるピアノ運送屋・とびっきり腕はよいけれど、もし調律を頼むなら酔っ払っていない時間帯に、という大事な条件が付くピアノ調律師 登場するピアノもショパンの好んだ銘器プレイエル、リュックが仲を取り結んだシュティングル、世界のベストスリーに入るピアノメーカーと言われて、イタリアの工場まで取材に足を運んだファツィオーリ など、たくさんのピアノも紹介されています。

 今日も、よい日となりますように。

 今日は、あのシュバイツアー博士、そして牧師として51歳の生涯を歩んだ父の誕生日です。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

「先生の夢は」 と尋ねられて

 岐阜県では、1月8日(月)に始業式を行った小中学校はおよそ半数だそうです。 残る半数の学校は、県内でも雪が降りやすい地域で、そういう地域は、夏休みを少し短くして、その分、冬休みを長くしているということであると思います。

 その始業式の日に、書き初めで今年の決意などをしたためた学校が岐阜新聞に紹介されていました。

0009 その記事を読んでいて、思い出したことがあります。

  書き初めではなく、四月、新年度がスタートして間がない頃、休み時間校庭で出会った四年生に、「あなたの将来の夢は?」と問いかけました。(そのころ、カラスが巣を作りかけるのであきらめさせるため、校庭の木に登るなどしていました。)

  その子は、元気な声で答えてくれました。ところが、その後で、「校長先生の今年の目標は?」と問いかけてきたのです。 

  ええっ ・・・予期せぬ逆襲 !! とりあえず「みんなが元気に成長して世の中を幸せに出来る大人になってくれること」とかなんとか答えたのですが、子どもたちに尋ねることだけ考えていて、自分自身の将来の夢ということを真剣に考えたかどうかを省みながら心の中は波立っていました。

  それとともに、おお、自分にも将来があるのだ、少なくとも、その子はそう思ってくれていると、とてもうれしく思いました。

 一年の計は元旦にあり ・・・ 早く過ぎ去る一日一日ですが、それだからこそ貴重なこの年  大きくなくてもよいので、しっかりと目標を定め、ゴールに向かってシュートを放つことが出来るように しっかりとした発射台を築きたいと思います。 半月遅れではありますが、上記の新聞にそう教えられました。ありがとうございます。

  今日も、よい日となりますように。

  日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

フランスの作曲家の夜想曲 ピアノコンサート

 1月7日、すてきなピアノコンサートがありました。岐阜新聞1月8日朝刊から引用紹介させていただきます。

0002
0005  岐阜大学の活性化経費助成公演ということで、整理券は必要でしたが、無料でした。 夢のような時間で感無量!!

  演奏者自らの解説付きで、すてきなピアノ曲に浸らせていただきました。

  「プーランクは、1899年の1月7日に生まれました」というお話があり、そうしたこともあって、フランスの作曲家がこのコンサートで一気に身近に感じられるようになりました。

   解説を交えながらプログラムの9曲、そしてアンコールのドビュッシーの「月の光」などをすべて暗譜で美しく曲想豊かに弾いてくださった仲田久美子先生、そして整理券をお送りくださった方にお礼申し上げます。

  ありがとうございました。

 今日も、よい日となりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

〝存在〟そのものを感謝

 時々引用させていただく関根一夫牧師のメールマガジン・・・平日は「今日の聖句」・「日ごとの糧」・「いてくれてありがとう」の三通が届きます。  これは、すごいことだと思います。

  「いてくれてありがとう」の1月8日号を引用紹介させていただきます。関根先生、ありがとうございます。 この「いてくれてありがとう」のタイトルは、あなたの価値はdoing ・・・何か大なことを成し遂げたかどうかということではなく

being ・・・そこに存在していること自体が素晴らしいのですよ のメッセージだと思います。 

【小さな花かご】

 ほぼ毎月最初の日曜日の礼拝の時、講壇に小さなお花が飾られてきました。花があることで、その場にふさわしい華やかさ、和やかさが演出され、わたしの尖った言葉がいくぶん柔らかく伝わるような気がします。素晴らしい芸術だと思います。

 私は、そのお花を安価で譲っていただいて、たいていクリニックのデイサービスのお部屋に届けています。その前にカウンセリング室でその写真を記録に撮らせていただくのですが・・・。

 「新年おめでとうございます。お花が来ました。きれいなお花が届きましたよ」 私がお花を持っていくとすでにそこに参加している7ー8名の利用者さんは声をあげました。
「わーー、すてき」「黄色の花、本当に明るくなるわね」
「これはバラ?きれいねぇ」
「この花はなんていうお花なんだろう?」
「えーっと、なんだっけ、うーーん、なんだったっけなぁ」
「形もいいわねぇ。どうやって作ったのかしら」
「気持ちが清々しくなるわね。」

  主に女性陣からの声があがります。
男性陣はただニコニコ。

  昨日お届けしたものは、
「バラを中央奥にして、左右前方にガーベラとラナンキュラス」という配置で小さな籠にセットされた黄色主体のデザインによるお花。

  この花かごを作ってくださった方の「花へのいてくれてありがとう」が伝わるような作品。利用者さんたちのコメントが続きます。皆さん、穏やかな表情になっていきます。

「あー、こういうきれいなお花を観ていると長生きしてよかったなぁって思うわ」
「ここに置いてもらえると、じーーと見ていて心が静まるのよね。嫌なことを忘れられるし」
「わざわざ、届けてくださって、ありがとうございます。大事にします」
「あれ、先生は今日はウクレレはないの?」
「ごめんなさい、今日はカウンセリングが一杯で、ちょっとここに来れないんですよ」
「そー、忙しいものねぇ。でもお花があるから嬉しい。」
小さなお花の籠を囲んで、あれこれお話が尽きないようでした。
小さなお花がもたらす「優しい雰囲気」「お花への歓迎の気持ち」
「いてくれてありがとう」なのでしょう。
++
写真は
https://blogs.yahoo.co.jp/pastor_kazsek/56382522.html
同じお花を撮っていますが、背景が変わると雰囲気が変わっておもしろいですね。

+++++++++++

◎主の平和と祝福がありますように!

関根一夫
pastor.kaz@gmail.com
https://www.kazsek.com/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎日々の聖句
  のバックナンバーはこちら
https://archives.mag2.com/M0037610/index.html?l=pcl05ac420

◎日々の聖句
  の配信停止はこちら
https://www.mag2.com/m/M0037610.html?l=pcl05ac420

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

登場した俳優さんが かっこよく見えるドラマ 「下町ロケット」

 岐阜県出身の作家の一人、池井戸潤さん ・・・ 主人公の「倍返し」という台詞などけっこう広がったときがあったように思います。

 年末には、地下足袋の会社がスポーツシューズの開発に乗り出して、怪我からの復活にチャレンジし続けているアスリートを徹底的に支え続ける『陸王』が再放送されました。意気に感じてカムバックするアスリートも素晴らしかったのですが、社長役の役所広司さん、見事な縫製で支える阿川佐和子さんなどなど、とても輝いていました。

  1月2日に放送された同じ作者原作の『下町ロケット』特別編・・・佃製作所の社長役の阿部さん、帝国工業社長の杉良太郎さん、その部下の吉川晃司さんたちの、なんとかっこよかったことでしょう。

  損得勘定を越えて、台風の迫る中で、丹精込めて育てられた稲を刈り取ることに全力を尽くす、農家の方たちの切羽詰まった状況のなかでまさにライバル会社に塩を送る決断をし、実行する役を演じた方たちは、眩しいばかりでした。

  憎まれ役を演じた人たちの憎々しさも、このドラマを盛り上げていました。役に徹したその勇気にも敬意を表します。 どこかで見かけても、演じた役の人と混同して石を投げたりしませんから、ご安心ください。

  目先の利益を追うのでなく、志を高くもって、下町工場の技術力を高め続けて世界に貢献する ・・・ そういう文学って いいですね。

  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

『群青 日本海軍の礎を築いた男』

0002『群青 日本海軍の礎を築いた男』

植松三十里

文藝春秋

2008年5月15日第1刷発行

  題名の『群青』は、この本の第1章、「出藍の誉れ」とつないで、つけられたようです。

 天下の俊秀の学ぶ学問所である昌平黌(しょうへいこう)の教師の中でも随一の頭脳と称された岩瀬忠震(いわせ ただなり)とその教え子である主人公、矢田堀景蔵とのやりとりにまず惹かれました。

 「出藍の誉れ」は、師を越える域に成長した弟子を誉める言葉のようだが、自分を越える弟子を育てた師こそ、偉いのではないか、と景蔵は考えを述べます。

 教師の岩瀬は、面白い解釈だと認めた上で次のように語ります。

    ◇   □   ○  ※  ☆

 「青は藍より出でて藍より青し」の後に「氷は水これを成して、しかも水より寒し」と続く。人は努力しだいで、持って生まれた資質よりも、優れたものに変わりうるというたとえだ。おまえたちもこれから、いくらでも変われるということを、忘れてはならない」 「しかし本来の意味にとらわれる必要はない。通説も疑ってかかるべきだ。ここは自分で考える場なのだ」

        ◇   □   ○  ※  ☆

  この本の結び近く、矢田堀の甥はこう言います。

 「叔父上が育てた青たちは、いわば群青ですね」

 「青の群れで群青か・・・」

◇   □   ○  ※  ☆

  本書には、徳川慶喜 勝海舟 榎本武揚 なども登場していますが、著者 植松三十里さんは、 歴史の表に華々しく登場はしなかったけれど地道に、誠実に生きて歴史を支えた人物を描くことに取り組んでおられるからこそ、矢田堀景蔵が主人公となって描かれています。

  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

『千の命』

0003 『千の命』

 植松三十里(みどり) 著

講談社

2006年6月8日

第1刷発行

 江戸時代、難産で命を落とす人が多かった時代に、京都で、生涯に千人の命を救いたいと取り組んだ医師、賀川玄悦が主人公です。

  彼が育てた弟子たちの救った人たちと合わせると千人をはるかに越えるひとの命が救われたそうです。協力者を得て『産論』という書も著し、多くの医師がそれを通して学びました。

  命を救うことを使命とし、生涯をそのこと一つに注ぎ込んで生きた医師の熱い生き方に感銘を受けました。

※ 12月28日のブログに『おばさん 四十八歳 小説家になりました』という記事を書かせていただきました。  それで、植松三十里さんの本に関心を持って、二冊、読みました。明日は、もう一冊についてです。

 今日も、よい日となりますように。

 兄(酪農を学んだことのある牧師です)の誕生日、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

駅伝監督の準備 ー東海大 両角 速(もろずみ はやし)さん

 正月2日・3日は第95回箱根駅伝 ・・・東海大学が46度目の挑戦で初の総合優勝・・・ 最後のランナーが間もなくゴールするのを待つ間に、監督らしい人が首から下げている名札をはずすのが見えました。  胴上げされる準備だな、と思いました。 ところが胴上げされる準備は、もっと前からされていたことが分かり、驚きました。そのことが書かれている記事をご覧ください。

  岐阜新聞 1月4日 朝刊「時の人」から ・・・ ありがとうございます。

0005
 ご存じのように、今回の箱根駅伝は青山学院大学が五連覇を達成するのではないかと前評判が高かったのです。

  そういう空気の中で、優勝を目指し、胴上げがあるのだと目標をしっかりと定め、選手に要求するのと同じ、あるいはそれ以上の課題を自分に課して歩まれたことに心打たれました。

  今日も、よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

新春の香り

 別にあわてているわけではないのですが、この花の名前は「ろうばい」 です。

0005臘梅 ・・・ 香りもいいですね。

  つぼみのたくさん付いた臘梅を暮れにいただいて、そして今年になって花開きました。 この待つ時間も愉しむことが出来ました。

 和菓子作りといい、臘梅といい 何だか、我が家の新春は、優しい方々のお世話になってやってきたような ・・・ ありがとうございます。 それでも やっぱり おらが春 佳い日々となっています。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。 よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

手作り和菓子

 正月三か日のテレビ番組に、500年ほどの歴史を持つ和菓子の老舗が登場する番組がありました。 「羊羹」というのは、本来はその字が示すとおり、羊の羹(あつもの)・・・羊のスープだったとか ・・・勉強になりました。

 勉強になるといえば、『婦人之友』の読者の会、友の会のかたがお正月の手作り和菓子を伝授してくださいました。我が家からの参加者はムーミンママでした。

0002
 教えていただいて、新春が我が家にやってきました。

 ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

有名な方の言葉 5 ヘンリー・フォード

Photo_5

うーむ ・・・ たとえば ◇鉄棒の逆上がりが 何度もの挑戦の末に出来た ◇補助輪なしで自転車に乗れた ◇初めてのおつかいを 成し遂げることができた ・・・ そのときの笑顔がなんとすばらしいことか ・・・ 自動車王 フォードさすがですね。

 2019年がすてきな発見の日々となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

有名な方の言葉 4 緒方貞子

Photo_4
 昨年、コスタリカという国の在り方、軍隊を持たないことを決め、世界に核兵器を持たなくなるように働きかけている志の高さを知って、我が国もそのように歩めたら・・・ と共感いたしました。

 よい日となりますように。

※ ブログの公開時間の設定を今朝の10時にしてしまっていて、更新が遅くなりました。元気でいますので、ご安心ください(^J^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

有名な方の言葉 3 与謝野晶子

Photo_3
 よい日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

有名な方の言葉 2 バーナードショウ

 明けましておめでとうございます。

 本年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

Photo_2
 2019年の一日一日が すてきな日となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ