« 『群青 日本海軍の礎を築いた男』 | トップページ | 〝存在〟そのものを感謝 »

2019年1月10日 (木)

登場した俳優さんが かっこよく見えるドラマ 「下町ロケット」

 岐阜県出身の作家の一人、池井戸潤さん ・・・ 主人公の「倍返し」という台詞などけっこう広がったときがあったように思います。

 年末には、地下足袋の会社がスポーツシューズの開発に乗り出して、怪我からの復活にチャレンジし続けているアスリートを徹底的に支え続ける『陸王』が再放送されました。意気に感じてカムバックするアスリートも素晴らしかったのですが、社長役の役所広司さん、見事な縫製で支える阿川佐和子さんなどなど、とても輝いていました。

  1月2日に放送された同じ作者原作の『下町ロケット』特別編・・・佃製作所の社長役の阿部さん、帝国工業社長の杉良太郎さん、その部下の吉川晃司さんたちの、なんとかっこよかったことでしょう。

  損得勘定を越えて、台風の迫る中で、丹精込めて育てられた稲を刈り取ることに全力を尽くす、農家の方たちの切羽詰まった状況のなかでまさにライバル会社に塩を送る決断をし、実行する役を演じた方たちは、眩しいばかりでした。

  憎まれ役を演じた人たちの憎々しさも、このドラマを盛り上げていました。役に徹したその勇気にも敬意を表します。 どこかで見かけても、演じた役の人と混同して石を投げたりしませんから、ご安心ください。

  目先の利益を追うのでなく、志を高くもって、下町工場の技術力を高め続けて世界に貢献する ・・・ そういう文学って いいですね。

  今日も、よい日となりますように。

|

« 『群青 日本海軍の礎を築いた男』 | トップページ | 〝存在〟そのものを感謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158432/74898108

この記事へのトラックバック一覧です: 登場した俳優さんが かっこよく見えるドラマ 「下町ロケット」:

« 『群青 日本海軍の礎を築いた男』 | トップページ | 〝存在〟そのものを感謝 »