« 〝存在〟そのものを感謝 | トップページ | 「先生の夢は」 と尋ねられて »

2019年1月12日 (土)

フランスの作曲家の夜想曲 ピアノコンサート

 1月7日、すてきなピアノコンサートがありました。岐阜新聞1月8日朝刊から引用紹介させていただきます。

0002
0005  岐阜大学の活性化経費助成公演ということで、整理券は必要でしたが、無料でした。 夢のような時間で感無量!!

  演奏者自らの解説付きで、すてきなピアノ曲に浸らせていただきました。

  「プーランクは、1899年の1月7日に生まれました」というお話があり、そうしたこともあって、フランスの作曲家がこのコンサートで一気に身近に感じられるようになりました。

   解説を交えながらプログラムの9曲、そしてアンコールのドビュッシーの「月の光」などをすべて暗譜で美しく曲想豊かに弾いてくださった仲田久美子先生、そして整理券をお送りくださった方にお礼申し上げます。

  ありがとうございました。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 〝存在〟そのものを感謝 | トップページ | 「先生の夢は」 と尋ねられて »

コメント

よき時、よかったよかった!近くでしたら伺いたかったです

※ コメントありがとう。
  整理券をお世話くださったTさんに、1月12日のグレースチャペルの内覧会の場でお目にかかることが出来ました。感謝です。

  すてきな音楽会が無料で開かれるのは感謝です。本当は文化・教養費を惜しまず注げる心豊かな文化国家に成熟していけると、もっといいのですけれど。

 浜松の若手音楽家を応援する趣旨で中村紘子さんたちが力を入れてくださった営み そういう意味でも素晴らしいですね。

投稿: kei | 2019年1月14日 (月) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158432/74909467

この記事へのトラックバック一覧です: フランスの作曲家の夜想曲 ピアノコンサート:

« 〝存在〟そのものを感謝 | トップページ | 「先生の夢は」 と尋ねられて »