« 児童詩 「うめ」 | トップページ | 早春の川辺 »

2019年2月11日 (月)

『だから荒野』

0002『だから荒野』

桐野夏生(きりの なつお)著

毎日新聞社

2013年10月10日 発行

 桐野さんは、1951年に金沢市で生まれた方だそうです。いろいろな文学賞を受賞している方であることを、のんびりしている私は今回知りました。

 主人公の森村朋美は二人の息子の母。

 46歳の誕生日のディナーを自分で計画し、自分で運転して夫・長男を乗せて予約したレストランへ。次男は不参加。

 幸せなひとときとなるはずが、食事の途中で席を蹴って家族との訣別を決断・・・ 一人で車に乗り、そのまま旅に出ることに ・・・ さて、朋美は そして家族は どうなるのでしょうか。荒野のような家庭は、沃野になることができるのでしょうか。

  よろしければ、どうぞ。

  今日も、良い日となりますように。


|

« 児童詩 「うめ」 | トップページ | 早春の川辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158432/75095827

この記事へのトラックバック一覧です: 『だから荒野』:

« 児童詩 「うめ」 | トップページ | 早春の川辺 »