« 選手とコーチ | トップページ | 口の運動 »

2019年2月15日 (金)

『楽園のカンヴァス』

0007『楽園のカンヴァス』

原田マハ 著

新潮社

2012年1月12日 発行

2012年7月30日

 この小節の第1章は、倉敷の大原美術館が舞台 ・・・ 実は、2017年8月25日にこの本について書いていました。

 読むのは二度目のはずなのですが、、なかなか内容を思い出せないので焦りました。

 終盤まで、ほぼ新鮮に読み進めることができ、喜んでいいのか、落ち込むべきなのか・・・(^J^) (^_^;

 登場する画家は、アンリ・ルソー、ピカソなど。 史実とフィクションが混然となって展開する美術ミステリー ・・・もし、関心をお持ちになり、まだお読みになっていなければ、よろしければ、お読みください。

 2月も折り返し地点となりました。 良い日となりますように。

|

« 選手とコーチ | トップページ | 口の運動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『楽園のカンヴァス』:

« 選手とコーチ | トップページ | 口の運動 »