« 児童詩 「春一番」 | トップページ | 『だから荒野』 »

2019年2月10日 (日)

児童詩 「うめ」

 昨日と同じ本 『日本児童詩歳時記』から 引用・紹介させていただきます。

「うめ」

  群馬県 小1・ うちだ なお子

わたしのうちのにわに

うめの花がさきました。

おとうさんと、おかあさんが

はじめてあったときに、

かってきて、

うえたんだって。

とおくのほうまで

うんといいにおいがするよ。

  ◇   □   ○  ※  ☆

 素敵な記念樹なのですね。 毎年、梅の花と その香り二包まれるたびにおとうさんとお母さんの出会いが 新鮮に思い起こされるのだと思います。

 今日、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝に、どうぞ。

|

« 児童詩 「春一番」 | トップページ | 『だから荒野』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 児童詩 「うめ」:

« 児童詩 「春一番」 | トップページ | 『だから荒野』 »