« 『奇跡の人』 | トップページ | パソコンのフリーズ »

2019年2月18日 (月)

ニワトリの居る教会

私の通うキリスト教会は「睡蓮の池のほとりに佇つ教会」です。農業用水の池なのですが、冬季は鴨やオシドリなどが翼を休める憩いの場となっています。

 この教会の牧師先生の娘さんが、岐阜市の畜産センターで小国鶏(しょうこくどり)というニワトリの卵を分けてもらって孵化することにチャレンジ・・・三回目にして見事に成功。 現在は、このように立派に成長しています。

0005
 小国鶏にちなんで、小(しょう)ちゃんと名付けられた彼は、ここまで育ててくれた娘さんをとても信頼し、安心して暮らしています。

 教会に通う人の中には、しょうちゃんに九官鳥のようにしゃべらせようと企んでいる人もいます。 それも、なんと「フライドチキン」という言葉を・・・ しょうちゃんがその言葉の意味を知ったらどういう行動をとることでしょう。 知りませんからね。

 それにしても、小ちゃん、堂々としていますね。ブレーメンの音楽隊のお話に出てくるニワトリのようです。

 よろしかったら、会いに来てください。

※ 小国鶏について

 一般的には小国鶏(しょうこく)と呼ぶことが多く、「おぐにどり」と呼ばれることもあります。昭和16年1月に天然記念物に指定されました。主な飼育地は京都府、三重県などです。平安時代のはじめに、今の中国の昌国(しょうこく)から日本に連れて来られたからこの名前がつきました。闘鶏の一種として古くから飼われ、多くの日本鶏の成立に関わった。体重は、雄2,000g、雌1,450gである。鳴き声は長く、時間を正しく知らせたことから「正告」または「正刻」とも呼ばれました。「尾長鶏(おながどり)」は、このトリから改良されたものだといわれています。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 『奇跡の人』 | トップページ | パソコンのフリーズ »

コメント

本当に立派です こんな 鶏を 孵化させて 育てて お母さんのように慕われるなんて すごいですね 教会の皆さんに可愛がられている鶏も珍しくすてきです。
※ ムーミンパパより
  コメントありがとうございます。小(しょう)ちゃんは靴紐に関心を示すことがあり、ある少年は追っかけられて、けっこう速く走ったのにそれに振り切られることなく健脚ぶりを示しました。最近、鳴き声もなかなか聞き応えがあるようになってきました。 この日曜日も、育ての親である娘さんの肩にとまって、堂々としていました。 尾羽根もまだまだ長くなりそうで楽しみです。 成長盛りの姿はうらやましいほどです。
  

投稿: KH | 2019年2月20日 (水) 13時21分

  鶏さんたちと暮らした思い出も少しありますが、彼らはあまりfriendlyでないので私は「卵をくれる存在」としてしか認識していません。ましてや雄鳥さんたちは孤高の存在!確か ムーミンママは ひよこさんが苦手ではありませんでしたか?大丈夫ですか? 
※ ムーミンパパより
  コメント、ありがとう。ムーミンママはニワトリも、大きくなるとニワトリになるひよこさんも、しっかり苦手です(^J^) ところが、この小ちゃんを孵化させ、育てている牧師さんの娘さんと大の仲良しなので、この小ちゃんだけは好感を持って接することができるのです!! 不思議なものですね。
 それにしても、よく覚えていてくれました。

投稿: kei | 2019年2月18日 (月) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニワトリの居る教会:

« 『奇跡の人』 | トップページ | パソコンのフリーズ »