« 詩 「青春とは」 サムエル・ウルマン | トップページ | 児童詩 「うめ」 »

2019年2月 9日 (土)

児童詩 「春一番」

Photo  『日本児童詩歳時記』 江口季好 編集 駒草出版 2008年4月25日 初版発行に、こんな詩が掲載されていました。

 春一番

 神奈川県・小2 高橋 公輔

春一番が吹きました。

道ばたをみたら、

ふきのとうと つくしが顔を出していました。

ぼくは つくしをとろうとしたけど

なんだか かわいそうになってしまって

やめました。

そして ふきのとうと つくしを見つけたことは

だれにも いわないことにしました。

  ◇    □    ○   ※  ☆

 今年も、もうしばらくすると、つくしやふきのとうが顔を出すでしょうか。

 詠んでいて、心が温かくなる詩ですね。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は日曜日。

 キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« 詩 「青春とは」 サムエル・ウルマン | トップページ | 児童詩 「うめ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 児童詩 「春一番」:

« 詩 「青春とは」 サムエル・ウルマン | トップページ | 児童詩 「うめ」 »