« ひな飾りの展示 関市の百年記念公園にて | トップページ | 岐阜県交響楽団のファミリーコンサート »

2019年3月 3日 (日)

「岐阜友の会」のオープンハウス

 日本最初の女性ジャーナリスト、羽仁もと子さんとご主人の吉一さんが創刊した月刊誌『婦人之友』の表紙には生活を愛する人とともに116年と書かれています。

  素晴らしい歴史ですね。その『婦人之友』の愛読者の有志で作られている友の会の一つ、「岐阜友の会」の運営なさっている岐阜友の家のオープンハウスが3月2日に開催され、参加させていただきました。

 手作りの衣料品、パン・ケーキなどの販売コーナーと書籍のコーナー、そして喫茶のコーナーなどがありました。

0006  喫茶コーナーでの紅茶セットの写真です。 紅茶・フルーツ・ロールケーキ・・・ 美味しくいただきました。

  お食事は、ちらし寿司・豚汁などの添えられた栗ご飯も魅力的だったのですが、サラダ・リンゴのゼリーとセットになったハヤシライスをいただきました。

 会場の掲示の一つに、羽仁もと子さんの言葉がありました。

0004
  この言葉を見てふっと頭に浮かんだのは、アルプスのハイジでした。ペーターと一緒にアルプスの山にヤギたちと行き来し、クララたちとすごして文字を読めるようになってからは、ペーターのおばあさんに聖書を読んであげたりペーターにアルファベットを教えたり・・・ 生活が 痩せ細っていません。

 羽仁もと子さんのモットー「思想しつつ生活しつつ祈りつつ」が、教育についても端的に表現されているのを感じました。

 小さなお子さん連れのご家族と相席になっての食事でしたが、お子さんの表情、言葉、ぎょうぎがとてもいいのです。 お父さん、お母さんが穏やかにお子さんとやりとりしている姿が印象に残りました。 友の会の会員以外の方も参加できるオープンハウスでしたが、訪れる方が静かに落ち着いて、語らい、すごせるおもてなしの雰囲気が 友の家全体を優しく包んでいたからのように思います。  すてきな時間をいただきました。ありがとうございます。

 岐阜友の会のホームページは、下記をクリックしてご覧ください。

http://gifutomo.iinaa.net/index.html

 今日も、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« ひな飾りの展示 関市の百年記念公園にて | トップページ | 岐阜県交響楽団のファミリーコンサート »

コメント

丁寧にご覧になっておられることに感心致します。
ハイジのことも同感です ありがとうございます。
※ ムーミンパパより
 コメント、ありがとうございます。私のフワーッと宙に浮かぶような発想も 温かく受け止めてくださって感謝いたします。 すてきな時間を過ごさせていただきました。

投稿: Kh | 2019年3月 4日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「岐阜友の会」のオープンハウス:

« ひな飾りの展示 関市の百年記念公園にて | トップページ | 岐阜県交響楽団のファミリーコンサート »