« 明るいほうへ   水仙 | トップページ | リニューアルされた「ココログ」にまだ不慣れで・・・ »

2019年3月21日 (木)

『小説 星守る犬』 原田マハ

『小説 星守る犬』
原田マハ 著
双葉社 2011年6月5日 第1刷発行
 題名に「小説」と付いているのは、村上たかしさん 原作のコミック『星守る犬』を書店で見かけたとき、不思議な光を放っていると感じ、「ほとんど運命的に、吸い寄せられるように買ってしまった」原田マハさんが、このコミックをぜひとも小説化したいとの願いを抱き、書き上げたのがこの作品だからだそうです。
 原作を読んだとき、「そんなことはいままで一度もなかったのだが、本を胸に抱きしめて」原田マハさんは泣いたとのこと。 原田さんは、かつて11年をともに暮らした犬がいて、その犬は「私が作家となって世の中に出ていくのを見届けると、安心したように逝ってしまった。愛犬を失うのと作家デビューの両方をいっぺんに体験した私は、以来、人間に一途に寄り添う犬という生きものを、物語の中で生かしてやりたい、と強く思うようになった。」とあとがきに記しておられます。
 この本をご紹介するに当たって、迷いました。登場する犬の一途さに胸がうたれてとても悲しいのです。 でも・・・でも、とても美しいのです。 それで、ブログにこの本のことを書かせていただくことにいたしました。 よろしければ、どうぞ。
 昨日書いたような事情で、表紙の美しい本なのですが、表紙の画像が出ないかも知れません。近日中には画像も出せるように努めます。
 今日も、良い日となりますように。

|

« 明るいほうへ   水仙 | トップページ | リニューアルされた「ココログ」にまだ不慣れで・・・ »

コメント

 この本とは離れますが、先日再会の時いただいた、原田マハさんの「星がひとつほしいとの祈り」やっと読み終えました。
 (ムーミンパパのように早読が出来ないし、読書の時間もすくないので…)
 短編で読みやすい文章でした。
 短編にもかかわらず遠いところにしっかりと取材しそういう面でも感心しました。
 どの編も悲しい物語なのですが、その中に必ずほっとする温かい人間味溢れるもので救われる心地よい内容でした。
 ありがとうございました。

※ ムーミンパパより
 コメントありがとうございます。 原田マハさんの著書はおっしゃるとおり、読後に心に 味わいのある余韻が響くように思います。ご多用の中で時間を作っていただき、感謝いたします。 今日も、良い日となりますように。

投稿: 坂本 | 2019年3月21日 (木) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明るいほうへ   水仙 | トップページ | リニューアルされた「ココログ」にまだ不慣れで・・・ »