« 『永遠という名の「今」を生きよう』 佐治晴夫 著 | トップページ | 薄墨桜(うすずみざくら) 2019年も 満開に (^J^) »

2019年4月 7日 (日)

『今日すべきことを精一杯!』  日野原重明 著

 

『今日すべきことを精一杯!』  日野原重明 著

ポプラ新書 2017年3月19日 第1刷

 この本も、KINDLE版でパソコンの画面で読みました。 もとになっているのは、1990年 日野原先生が78歳の時に刊行された本が絶版になっていたのを新書版として新たに刊行することになったもので、あとがきは2017年に105歳の日野原先生が記しておられます。 若いときに闘病生活を体験なさったこと、そしてアメリカ留学時代に目にしたアメリカの医師の在り方、また著書を通じて出会ったオスラー医師の感化などが患者に寄り添って歩む日野原先生の土台となったことなどが丁寧に綴られています。驚いたのは、105歳まで生きられた日野原先生が老い始めたことに気付いたのは、手に持っていた一枚の原稿用紙が手を離れて落ちたことによってだったと書いておられること・・・ ご自身でそのことを「桐一葉落ちて天下の秋を知る」という句を引用しながら文にされているのですが それが、なんと65歳のときなのです。 今人気のチコちゃんに叱られる! の台詞ではありませんが ぼーっとして生活しておられなかったことが こうしたところからも うかがわれますね。

 『生きていくあなたへ 105歳どうしても遺したかった言葉』という本を読みたくなり、届くのを楽しみにしているところです。

 今日も、良い日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« 『永遠という名の「今」を生きよう』 佐治晴夫 著 | トップページ | 薄墨桜(うすずみざくら) 2019年も 満開に (^J^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『永遠という名の「今」を生きよう』 佐治晴夫 著 | トップページ | 薄墨桜(うすずみざくら) 2019年も 満開に (^J^) »