« 樹齢三百年を越えるフジ | トップページ | 『花の詩画集 花よりも小さく』 星野富弘さん »

2019年4月29日 (月)

負の遺産を 子どもたちに 負わせたくない

0001_7
 昨日のフジの花と同じく、4月26日の岐阜新聞朝刊からの引用記事です。2011年3月11日の東日本大震災からの復興は・・・福島の原子力発電所の放射能被害は、どれだけ危険が回避され、被害に遭った方々への補償がなされているのでしょうか。
 2011年3月11日以来、多くの外国の方が、放射能被害を心配して日本から避難して行かれました。そうした中で、元気づけるために日本でリサイタル、コンサートを開いてくれた音楽家たちがいました。ドナルド・キーンさんは日本に帰化して勇気づけてくださいました。
 NHKの朝のドラマ「なつぞら」で北海道の開拓農家の生活・・・朝早くから乳牛を世話する場面が出てきます。
 思うのは、福島の乳牛農家の方々に、この朝のドラマに登場してくるのと同じように大事にされて育ってきた乳牛たちが、避難命令に従ってその地を立ち退いた人たちと別れて、意味も分からないまま死んでいったことです。
 それから、どれくらい安全な環境に復元してきているでしょうか。 復興五輪を担当する省の大臣が情けない発言をして罷免されたことはご存じの通りです。
 原子力発電は、やめようという声は少なくないのに・・・以前の総理大臣経験者も原子力発電に反対しています。それなのに、原子炉の再稼働を進め、それだけでなく、外国に原子炉を売っている政府 ・・・震災前に決まったことだからと答弁されました。 震災前に決まったことだからこそ、見直しが必要なのではないでしょうか。 国民に顔を向けずに、臆面もなく総理と副総理に忖度したと発言して罷免された副大臣のことも記憶に新しいところです。 私たちは軽々しく「記憶にございません」とは申さないのですよ。
 オリンピックを誘致するとき、総理は、「完全にコントロールできている」と放射能漏れの事態について世界に向けて述べました。同じ総理がフランスの寺院の火災による被害に対して、「全面的に支援する」と述べています。外国のことを全面的に支援するのなら、国内のことは、もっともっと手厚く進めてくださいね。 こう書くのは、総理は、被爆された方から面と向かって尋ねられたことがあるからです。「あなたは、どこの国の総理ですか?」
 川端康成さんは、ノーベル賞を受賞したときに「美しい日本の私」と講演されました。 初めて総理になったとき、今の総理は「美しい日本の私」と通い合う題名の本を出版なさいませんでしたか。
 今の日本の世界平和に対する在り方、東日本大震災やいろいろな被害に遭った方々に対しての国の在り方 ・・・美しいとお思いでしょうか。 信頼したいと思いますが、総理の言葉の響きがうつろに響いてしかたありません。 誇りの持てる国 ぜひ 実現してください。負の遺産を子どもたちに負わせたくないのです。誇りを持って世界に胸を張れる国の国民でいたいのです。
  読み返してみて、上記のように書いている自分を反省する気持ちも湧いてきました。それで、星野富弘さんの詩画集から一枚引用させていただくことにしました。 私の勝手な文脈に付き合わせていただいてすみません。星野富弘さんの詩画の世界はもっと大きくて深く、そして美しいのに・・・。
0026
 今日も、良い日となりますように。

|

« 樹齢三百年を越えるフジ | トップページ | 『花の詩画集 花よりも小さく』 星野富弘さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 樹齢三百年を越えるフジ | トップページ | 『花の詩画集 花よりも小さく』 星野富弘さん »