« 育てること  関根一夫牧師先生のメールマガジンから | トップページ | 『永遠という名の「今」を生きよう』 佐治晴夫 著 »

2019年4月 5日 (金)

子どもの一言

 入学式のシーズンですね。 小学校に勤めていたときの子どもの一言を思い出しました。

 入学予定の子どもたちに、前年の秋「就学時検診」で保護者の方と一緒に学校に来てもらった時の一言。

眼科や歯科、内科などの校医さんたちの検診が終わって、運動場で遊んでいた子に一声かけました。

 「四月には小学一年生だね。元気に登校してね、待っていますよ」

 その子は、おずおずと言いました。

「虫歯があっても、入学できるの?」

 な、なんと いじらしいのでしょう。その子は先ほど受診した歯医者さんの検査で数本の虫歯が見つかったことに心を痛めていたのでした。

「もちろん、あなたは四月には新一年生だよ。安心して入学式にきてください」

 ぱっと、その子は顔を輝かせました。

 2019年4月 元号が代わって初めての入学式。 どの子も 笑顔でスタートできますように。

  入学式には 桜が似合うということで、関根一夫牧師先生が撮影された新宿御苑の写真を転載させていただきます。関根先生、美しい写真をありがとうございます。

Photo_9
B
B

|

« 育てること  関根一夫牧師先生のメールマガジンから | トップページ | 『永遠という名の「今」を生きよう』 佐治晴夫 著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 育てること  関根一夫牧師先生のメールマガジンから | トップページ | 『永遠という名の「今」を生きよう』 佐治晴夫 著 »