« 『婦人之友』2019年6月号から 「時代をつなぐ子ども食堂」 | トップページ | 卓球療法 »

2019年5月 8日 (水)

平成万葉集 ーNHKテレビからー

0005_1

 今年も庭にマーガレットがたくさん咲いてくれました。(何十年か前の)結婚式の時のブーケがマーガレット仕立てだったということもあってたくさん元気に咲いています。 花言葉は、調べるたびに忘れてしまいます。「七転び八起き」に倣って、「七調べ八覚え」を心がければいいのかもしれません。

 5月1日のNHKテレビで「平成万葉集3 この国に生きる」が放送されました。元号は令和へとバトンタッチしましたので、平成万葉集は最終回となりますね。

 永田和宏さん・村上和子さん・大森静佳さんが短歌を監修されたとのことです。

メモした短歌を紹介させていただきます。

 東日本大震災から8年・・・福島第1原子力発電所の事故で現在も避難指示区域に指定されている家に帰らない方は2万3千人を越えるそうです。原子力発電所から1.5キロのところに家のあった吉田信雄さんの短歌三首。

・一時帰宅に帰れば我が家の軒下に愛犬は死せり繋がれしまま

  2,3日で帰れると思って避難した家に一時帰宅できたのは半年後だったのだそうです。

・二十年は帰れぬと言ふに百歳の母は家への荷をまとめおく

・平成の終わりに思ふ新しき世にはゆめゆめ災あらすな

    ◇    □   ○   ※   ☆

 岩手県陸前高田市の清水恭子さんが震災の2年前の生活と、津波で亡くなったご主人を歌った歌です。

17メートルを越える津波で1758人のいのちが失われたところです。

・夫誘いコーヒーを持参でいく散歩七時のチャイムを砂浜で聞く

・あとがきのないまま終わる自分史のような夫の五十八年

・職場から届いた遺品はバッグのみ何度も何度も川で洗った

・我もまた一本松のように立ち廃墟と化した街跡にいる

  日常が非日常へとかわった3月11日・・・8年後に大野海岸へ行き、潮の香と波の音の届くところまで行ったけれど、高い堤防と海にはさまれた自分の心にストップがかかり、砂浜までは行けませんでした。そうか、私はまだ復興途上に居たのか・・・もう少しもう少しとつぶやきながら、また短歌の力を借りながら綴っていくのかもしれません。

・前兆(まえぶれ)もなく訪れる寂しさを風に包んでふわぁーっと飛ばす

   ◇   ○   ※   ☆

 平成 ⇒ 令和へ

・あの時に止められなかった大人たちと未来の人から言われたくない  三重県 こやまはつみ さん

・今日もまた変はらぬ冴えない自分でも生きるとは日々新しきこと   東京都 高山邦男さん

・いのちとは激動するもの吠えるもの喜ぶために生まれてきたの    茨城県 篠原まどか さん

・身の内にいっぽんの樹を育てつつ新しき時代も生きてゆくべし    北海道 時田則雄 さん

 短歌という定型詩で表現できること、表現することが決して小さなことではないことを改めて感じさせてくれた番組でした。

 今日も、良い日となりますように。

|

« 『婦人之友』2019年6月号から 「時代をつなぐ子ども食堂」 | トップページ | 卓球療法 »

コメント

結婚式のときのブーケがずっと今でも増えているのですか???なんてロマンチックなのでしょう!
我が家もマーガレットを・・・と、思いつつ、いつも咲いているのを見てから思い出すというのを、もう15年続けてます。^^;
近かったら少しいただきに行くのになぁ〜。

※ ムーミンパパより
 コメント、ありがとうございます。 私の表現不足ですね。結婚式の時のブーケのマーガレットは、その役割をしっかりと終えました。転任で、引っ越しを、延べ六回(五箇所)していますし。 今年は殊にたくさん咲いてくれました。金婚式の年にはゴールデンマーガレットという金色の花が咲くかも知れません。(そういう花があるのか、あらたに咲き出でるのか(^J^)  

投稿: rommy | 2019年5月 8日 (水) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『婦人之友』2019年6月号から 「時代をつなぐ子ども食堂」 | トップページ | 卓球療法 »