« 星野富弘さんの随筆から ー木造校舎ー | トップページ | 認知症の方に更により添うために 「フレディの遺言」 関根一夫牧師のメールマガジンより »

2019年5月 3日 (金)

古い上着よ さようなら

 「古い上着よ さようなら」 ・・・♪「青い山脈」の主題歌の一節ですね。今日は、上着ではなく、若かった日に獲得した想い出の品へのさようならです。 とても個人的なことに付き合っていただいて、ありがとうございます。

 0003_3  下呂の小学校に勤めていたとき、益田郡の卓球大会があり、この優勝盾をいただきました。

  私が中学校・高校時代に卓球部員だったということは、現在の体型からは、なかなかと申しますか、ほとんど信じていただけません。 本人でも信じがたいときがありますから。

 けれど、本当のことなのです。卓球は、左利きであると少し有利な面があるかもしれません。右利きの選手のほうが多いので、右利きの選手同士での練習と試合のほうが左利きの相手とする機会よりは多いからです。 右利きの相手が対戦相手のバックにスマッシュして 「決まった」と思った瞬間、左利きの私はフォアハンドで「待ってました」とばかりに弾き返してスマッシュ返しを決める(こともある) のでした。

 個人戦でのチャンピオンとなったことを記念するこの優勝盾は、新しいのを購入するので優勝旗返還のように翌年の大会でお返ししなくても良いと言われ、手元に置いてよい記念の品となってきました。

 でも、元号も新しくなり、こうして写真に撮って、別れをつげる決心をいたしました。

 さて、ムーミンパパ体型から少しはスナフキン体型に近づいて、軽やかにシニアとして卓球をプレーできるように、新しい歴史へと歩を進めてまいります。 ← 有言 実行 になりますように。 どなたですか、 「無理 無理」 と叫んでおられるのは ・・・ あなたは先見の明がある方です。でも武士の情け も兼ね備えてくださいますように (^J^)

 今日も、良い日となりますように。

 

|

« 星野富弘さんの随筆から ー木造校舎ー | トップページ | 認知症の方に更により添うために 「フレディの遺言」 関根一夫牧師のメールマガジンより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星野富弘さんの随筆から ー木造校舎ー | トップページ | 認知症の方に更により添うために 「フレディの遺言」 関根一夫牧師のメールマガジンより »