« がん哲学外来  樋野興夫医師の二冊の本 | トップページ | 『婦人之友』2019年6月号から 「時代をつなぐ子ども食堂」 »

2019年5月 6日 (月)

スズラン

0006_3 五月に入って、庭のすずらんが 咲きました。

 すずらんにとって、岐阜市は少し暑いのかも知れませんけれど、つぶやかずに・・・。

ありがたいことです。

 ダークダックスに「すずらん」という歌があります。歌声喫茶が隆盛だったころに多くの人に歌われていた曲です。

  ご存じでしたら、口ずさんでいただけると、嬉しいです。 その曲を知らない という方は、若さを喜んでいただいてもよろしいのですが、いい歌は年代を越えていい歌として歌い継がれていくものです。 よろしかったら どうぞ (^J^)

 今日も、良い日となりますように。

「すずらん」

ダーク・ダックス訳詞/フィエルツマン作曲



ある夏の夜(よる) 静かな森を
ひとり歩くとき 何処(いずこ)ともなく
ただようその香(か) すずらんの花よ
ランディシー ランディシー
やさしい 乙女よ
ランディシー ランディシー
君こそ

すずらんの花 胸に抱(いだ)いた
可愛い娘よ 君の心は
すずらんのよう 気高く香るよ
ランディシー ランディシー
やさしい 乙女よ
ランディシー ランディシー
君こそ

愛の香りが 夜にただよう
今日もまた君と 君と僕だけ
二人の花よ すずらんの花よ
ランディシー ランディシー
やさしい 乙女よ
ランディシー ランディシー
君こそ

|

« がん哲学外来  樋野興夫医師の二冊の本 | トップページ | 『婦人之友』2019年6月号から 「時代をつなぐ子ども食堂」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がん哲学外来  樋野興夫医師の二冊の本 | トップページ | 『婦人之友』2019年6月号から 「時代をつなぐ子ども食堂」 »