« バラの花 あれこれ | トップページ | 芝生で アルペンホルン »

2019年5月23日 (木)

映画 「ザ・テノール 真実の物語」

0002_24  アジア最高のテノール歌手といわれるべー・チェチョルさん ・・・ 甲状腺がんによって突然に声帯と横隔膜の機能を失いました。

 歌手にとって、生きがいを奪われ、絶望的な状況になったとき、彼の歌声を愛する人たちが一緒になって再起への道をたどってくれました。

 これは、その実話をもとに制作された映画です。

 この映画のことは、数年前に私の中学生時代の同窓生を通じて知ったのですが、DVD屋さんを訪れても在庫がないということで観ることができずにいました。

 すると、あの八百津の朴葉餅をお土産に来訪した教え子が、この映画のDVDを持ってきてくれたのです。 満を持して、73歳の誕生日にこの映画を観ました。

 ベー・チェチョルさんについてのドキュメント番組は観たことがあり、この映画はその番組に感動した方たちによって創られたのだそうですが、何と言ってもベー・チェチョルさんの歌声の美しさ、迫力に圧倒されました。

 金銭的な利害を乗り越えての熱い心の通い合い、前例のない手術へのお医者さんのチャレンジ、夫婦、親子の絆・・・ 歌われるオペラ・讃美歌・・・本当に心が熱い感動であふれました。

 「いのちのことば社」から入手できるそうです。

 

 教え子ご夫妻にこの場を借りて、お礼申します。 本当にありがとう。(もう一度観てから お返ししますね)

 

 今日も、すてきな感動の味わえる日となりますように。

 

|

« バラの花 あれこれ | トップページ | 芝生で アルペンホルン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バラの花 あれこれ | トップページ | 芝生で アルペンホルン »