« 卓球療法 | トップページ | 金華山 ーツブラジイの金(こがね)色の花咲く山ー »

2019年5月10日 (金)

師弟

 シドニーオリンピックのマラソンで、日本女子で陸上競技史上初めての金メダルに輝いた高橋尚子さん・・・彼女が師と仰いだのが小出監督です。 ちなみに、高橋尚子さんは私の二人の息子の通った中学校の卒業生です。小出監督との二人三脚で、オリンピック金メダル獲得、そして世界新記録を高橋尚子さんは成し遂げました。

 五月四日の岐阜新聞の「素描」という蘭に、こんな記事がありました。師弟ということで心に響きました。

0003_5
Yumemain  杉浦さんのホームページから、上記の記事にある「夢」と「ありがとう」の結びついた「めっせー字」を見せていただきました。 なるほど・・・夢という漢字とありがとうが見事に結びついているのですね。驚き、感動いたしました。
 卵からひながかえるとき、殻の内側からひなが殻を突っつくのと、親鳥が外側から殻を突っつくのと、息が合うことを、ご存じのように「啐啄同時 」(そったくどうじ)と申します。上記の文章を読んでいて、この言葉が思い浮かびました。
 しばらく前に、叱ってくださる人をもつことの幸せについて書きました。私には、叱ってくださる人が何人か居てくださいました。自分は本気で愛をもって人を叱ることが出来ていただろうか ・・・このことを問いつつ、遅まきですけれど、これからに生かしたいと思います。
 今日も、よい日となりますように。

|

« 卓球療法 | トップページ | 金華山 ーツブラジイの金(こがね)色の花咲く山ー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卓球療法 | トップページ | 金華山 ーツブラジイの金(こがね)色の花咲く山ー »