« 少しずつ前進  | トップページ | 名前は バラ でも まとまって !! »

2019年6月25日 (火)

置き場所を変えたら

0020_20190624030701 この鉢植え、家内が1階から2階に移したら、みるみる内に元気になったのだそうです。

 ↑ 

 自分の家にあるものなのに、私の観察はそこまでは至っていないので「だそうです」という言い方になっています。

 今の季節、晴れた日には2階は1階よりも数度気温が高くなるので、そのことがこの植物にはよい環境だったのでしょう。 最初は、パソコンに向かう私のそばに来たので喜んでいるのかも知れないとうぬぼれてみたのですけれど、この鉢植えとしたら「私にはそんな好みはない」と口にしたいところだったことでしょう。

 何にしても、大きな声で自己主張はしないけれど、分かる人には植物の「こうしてほしい」というサインがちゃんと伝わるのだと思います。

 芹洋子さんの歌う♪「四季の歌」の歌詞を思い出しました。

 

 

 

「四季の歌」

荒木とよひさ作詞・作曲



春を愛する人は 心清き人
すみれの花のような ぼくの友だち

夏を愛する人は 心強き人
岩をくだく波のような ぼくの父親

秋を愛する人は 心深き人
愛を語るハイネのような ぼくの恋人

冬を愛する人は 心広き人
根雪をとかす大地のような ぼくの母親


 3番の歌詞をもじって、 「花の言葉を聞く人は 心深き人」というような思いになりました。

 家内から仰せつかっているのは、「ふさわしい時期に この鉢に 水をやること」です。 うーむ、この鉢は今心細い思いをしているかも知れませんね。 水をやりすぎても いけないのだそうです。さて、なれるでしょうか、心深き人に。

 今日も、良い日となりますように。

|

« 少しずつ前進  | トップページ | 名前は バラ でも まとまって !! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 少しずつ前進  | トップページ | 名前は バラ でも まとまって !! »