« 七夕の短冊 | トップページ | ハーブの香り »

2019年7月 9日 (火)

すてきな てるてる坊主

0013 おしゃれなてるてる坊主に出合いました。

 思い出したのは、梅雨の時期に訪問した小学校で6年生の教室にたくさんのてるてる坊主が微笑んでいたことです。

 いつも登下校や学校生活でお世話になる6年生の修学旅行期間が晴れになることを願って1年生の子が一生懸命に作ったてるてる坊主たちだとのこと。

 そのおかげか、修学旅行は、これ以上ない晴天 ・・・ 旅行から帰っても、1年生たちの心を喜んで、しばらく学習を見守ってもらっているのだそうです。

 もうすぐ梅雨明けでしょうか。

 日本手拭いの生地に染められた夏 ・・・こういう作品もありました。

0025 「暑さに負けぬ 熱き心で」

 昨年考えた標語ですけれど、どうぞ、この夏も 熱き心で・・・。

 今日も良い日となりますように。

 

 

 そうそう、この町の食堂にこんな札を見かけました。きっと、こうした心意気に呼応するフアンの多いお店だろうと思いました。

0009_20190708091101

|

« 七夕の短冊 | トップページ | ハーブの香り »

コメント

子どもが幼い日、黄色い傘の先に小さなてるてる坊主をつけてやったこと 遠い日の思い出です。
※ ムーミンパパより
 コメントありがとうございます。現在はきっと子どもさんは独り立ちしての日々・・・人生、晴れ続きということばかりではないかもしれませんけれど、雨が降ればその後の空には美しい虹が架かるように、きっとたくましく歩んでおられることでしょう。 今日も、良い日となりますように。

投稿: Marianoyuri | 2019年7月 9日 (火) 05時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七夕の短冊 | トップページ | ハーブの香り »