« すてきな合唱を聴かせていただきました | トップページ | 『命をみつめて』 »

2019年7月16日 (火)

目に留まった話

 岐阜新聞 7月13日(土)朝刊にこんな記事がありました。Photo_20190714165001 Photo_20190714165002

 1940年代に見つけられなかった財布が2019年に改修工事の建物から見つかり、持ち主の手に戻ったとのこと。現在89歳の持ち主にとってかけがえのない写真が中にあったということ ・・・すごいと思いました。

 いったい、こういうことが実際に起こる確率ってどれくらいなのでしょう。

 奇跡 ということばが 頭に浮かびます。

 今日も、良い日となりますように。

|

« すてきな合唱を聴かせていただきました | トップページ | 『命をみつめて』 »

コメント

愉しい記事ですね。奇跡はいつも起きているのかもしれませんね。
※ ムーミンパパより
  コメントありがとうございます。
  「奇跡はいつも起きているのかも」 ・・・ うーむ 深い言葉ですね。
 心に響きました。 今日も、良い日となりますように!!

投稿: Marianoyuri | 2019年7月16日 (火) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すてきな合唱を聴かせていただきました | トップページ | 『命をみつめて』 »