« 歌  陽はまた昇る | トップページ | 鶏鳴教会 »

2019年8月26日 (月)

ヤマボウシの赤い実

0034関市の百年記念公園で、赤い実を見つけました。 葉っぱから判断するとヤマボウシの実です。

勇気を出して、食べてみました。 甘い実でした。・・・もし有害な実であれば「食べてはいけません」と立て札があるだろうという判断 (甘え)がありました。 これは、甘い判断かも知れません。  幸い、身体に異変は一昼夜経っても起きていませんので、大丈夫だと思います。

 それにしても、ヤマボウシには白い花が咲いていたのに、どうして赤い実がなるのでしょう。 

 金子みすゞさんの「不思議」という詩を思い出しました。

不思議

わたしは不思議でたまらない、

黒い雲からふる雨が、

銀にひかっていることが。


わたしは不思議でたまらない、

青いくわの葉たべている、

かいこが白くなることが。


わたしは不思議でたまらない、

たれもいじらぬ夕顔が、

ひとりでぱらりと開くのが。


わたしは不思議でたまらない、

たれにきいてもわらってて、

あたりまえだ、ということが。

  ◇   □   ○  ※  ☆

 世の中は、不思議に満ちていますね。

 今日も、良い日となりますように。

 

|

« 歌  陽はまた昇る | トップページ | 鶏鳴教会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌  陽はまた昇る | トップページ | 鶏鳴教会 »