« 造化の妙  | トップページ | 小林医師ご夫妻の「チョウナイ活動」 ー7月11日の「徹子の部屋」より »

2019年8月 9日 (金)

ソリッド ロック(硬い岩) ー関根一夫先生の メールマガジン 「いてくれてありがとう」 から

 関根一夫牧師先生のメールマガジン 「いてくれてありがとう」8月6日号を引用・紹介させていただきます。 ありがとうございます。

 ◇   □   ○   ※  ☆

【ソリッドロック】

先週の月曜日から木曜日までの万歩計による歩数は50821。
一日平均が12705歩。
まぁ、山に登ったことを考えれば比較的少ないようにも感じます。
今回の山、北アルプスの北穂高岳は岩山でした。
一歩一歩進みながら、私は自分が歩くことを楽しんでいることに気づきました。
それは岩山ならではの楽しみだったのかもしれません。

一歩一歩しっかり歩こうと思う時、岩山においては「しっかりした岩や石を確認して」足を乗せたり、手で掴んだりしながら登ります。ソリッドロック(Solid Rock)という言葉があります。
「岩盤、硬い岩、硬岩」などを意味する単語であり、同時に宗教的にはキリストを表現する言葉でもあるのですが、まさに、一歩一歩ソリッドロックを探しながら、足を乗せ、手をかけ、登っていきます。その作業が楽しくて、楽しくて。
それを無視したり、失敗すると滑落することになります。

岩場ではところどころに「浮石」というのがあります。グラグラ不安定になり転びやすいのです。また、砂利のような石の多い場所もあります。そこでは滑りやすいのです。
特に下り道では本当に要注意とのこと。事故の多くは上りではなく下りの道で起きているとガイドの方が言っていました。

そういう浮石や砂利道の中にしっかり土中に埋まったソリッドロックを発見してその上に足をかけると滑らないので転びにくくなります。
また急斜面の岩場を登るときにも手をかける石や岩を探しますが、そのときも注意して割れて落ちてこない岩を探して手がかりにし、足をかけるときも岩場にしっかり足を固定し体重をかけても大丈夫そうなところを探します。

こういう作業って、人生そのものだと思いながら、楽しみました。自然の中に教訓が山のように用意されているものだとしみじみ思いました。だからこそ、字を読むことが苦手でも自然と向き合うことで教訓をしっかり学ぶことができるのだなぁと思いました。
人生は旅のよう。山登りのよう。
だからこそ目のまえに置かれているさまざまな小石を前に足場となる「ソリッドロック」を探すことって大事です。

私は登山は全くの素人ですので、今朝の文章はたまたまの体験談でしかありません。
でも硬い岩を探しながらの歩行は楽しいものでした。
岩に向かって「いてくれてありがとう」
本気でそう思いました。

写真は
https://blogs.yahoo.co.jp/pastor_kazsek/56498629.html


+++++++++++

◎主の平和と祝福がありますように!

関根一夫
pastor.kaz@gmail.com
https://www.kazsek.com/

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

 ◇   ◇   ○  ※  ☆

 この関根一夫先生の文章の冒頭にある登山については8月5日号の「登山 熊との遭遇」に詳しく書かれています。 北穂高岳3106メートルに登って、そして元気に下山されたのですね。 とてもお元気あることにも教えられます。平日には、三つのメールマガジンを発行し続けておられることにも頭が下がります。

 私も老け込まないで、歩みたいと思います。 今日も、良い日となりますように。

 写真は岐阜市金華山のりす村で写したりすです。 餌は、トウモロコシの粉だそうです。

0008_20190806071501

です。

 

|

« 造化の妙  | トップページ | 小林医師ご夫妻の「チョウナイ活動」 ー7月11日の「徹子の部屋」より »

コメント

金華山のリスさん、かわいいですね。
このリス村にたどり着くまでの道程は、ソリッドロックを探しながら?それとも文明の利器?(笑)
まだまだ暑い日が続きます。ご自愛ください。
※ ムーミンパパより
  ブログを訪れて、そしてコメントをありがとうございます。花巻空港から小牧空港という経路で、孫娘の一人が「みちのく(からの)一人旅」にやってきました。動物が好きで、早速リスと仲良くなっていました。野生のリスはドングリを食べるのだそうですが、リス村ではトウモロコシの粉が食事です。 愛想よく近づいてきて、手袋に手をかけて元気に食べるので、一瞬友だちになった気分・・・でも食べ尽くすと振り返りもしないで行ってしまいます。・・・孫娘も人生勉強になったかも知れません。
 家に着くと、メダカと水瓶の中を注意深く見て、卵を発見・・・草と別の容器に入れてくれました。翌朝には、目に留まらないほどのメダカの赤ちゃんが孵化していました。 ボーッと見ている老祖父には難しい働きでした。
 そうそう、この暑さなので、(涼しくても)無謀なことはせず、文明の利器で頂上に行き帰りしました。高齢になると割引があるのは嬉しいです。 昨日は立秋、残暑見舞い申し上げます。 良い日となりますように。

投稿: Litespeedebera | 2019年8月 9日 (金) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 造化の妙  | トップページ | 小林医師ご夫妻の「チョウナイ活動」 ー7月11日の「徹子の部屋」より »