« 詩 もし この世の中に  ー中原淳一さんー | トップページ | 笑いの効用 »

2019年8月31日 (土)

子どもに贈る昔ばなし16 『占い八兵衛』

0003_20190827095901 子どもに贈る昔ばなし16

『うらない八兵衛』

監修 小澤俊夫

小澤昔ばなし研究所 発行 2017年4月16日発行

 

 各地に伝わる昔話をこつこつと収集、記録し再現する再話の営みは、なかなか大変だと思います。そうした営みを積み重ねて、第16集まで発行 ・・・ 敬意を表します。

 この『うらない八兵衛』には、さがみ・山梨・長野・岡山の昔ばなし大学再話コースで再話された昔ばなし が 39話 そして外国の話が3話 収められています。

 日本の話だけでなく、ドイツ・フランス・フランドルの話も載っているのは視野の広がり、昔話の普遍性をたいせつになさっていることの表れでしょうか。そんなことを思いながら楽しく読ませていただきました。

 岐阜県の話は 「高山 さるぼぼ」 というグループが担当するなど、いろいろなグループが地道な活動を築いてこられていることがうかがえます。

 松谷みよ子さんの本によりますと、民話は、原話を忠実に再現する再話・伝承をもとに思いきって再創造された民話 ・・・例 松谷みよ子さんの『龍の子太郎』・創作民話 の三つに大別されるそうです。

  あなたの周りにいらっしゃる子どもさんは、浦島太郎、桃太郎、金太郎など、いろいろな太郎をごちゃ混ぜにしていないでしょうか。いえ、子どもに限らず、若者も、スマホのコマーシャルに登場する三人の太郎それぞれの話をどれだけ知っているでしょうか。 意外と大丈夫かも知れませんけれど。

 カタカナ言葉に強い人が多く育っていることに文句を言おうとは思いませんが、歴史・文化から学ぶことも大事にして、根なし草にならないいように、この本のような労作も大事にしたいと感じました。

 世代を越えて一緒に歌える歌が消えていかないように、ということも思います。

 今年の8月もフィナーレを迎えましたね。 今日も、良い日となりますように。

 明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

 

 

  

|

« 詩 もし この世の中に  ー中原淳一さんー | トップページ | 笑いの効用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 詩 もし この世の中に  ー中原淳一さんー | トップページ | 笑いの効用 »