« 「大草原の小さな家」  | トップページ | 『生きるための図書館』 一人ひとりのために »

2019年9月13日 (金)

 本日 二つ目の記事です。  明日 9月14日の お勧め番組   ー関根一夫牧師のメールマガジンよりー

 時々引用紹介させてていただく関根一夫牧師のメールマガジン「いてくれてありがとう」の9月13日号を引用・掲載させていただきます。

関心を覚えた方は、どうぞ、明日のこの番組をご覧ください。 私も見たいので、録画予約いたします。関根一夫先生、いつもありがとうございます。

 今日も良い日となりますように。

     ◇    □    ○   ※   ☆

【こころの時代】9月13日 メールマガジン 関根一夫牧師
 
9月8日 日曜日の朝5時から見たNHK Eテレの番組「こころの時代」とても感動しました。 ※9月14日(土)NHKで再放送されます
NHKのサイトからの引用です
++
「世界遺産登録は長崎に生きる私たちへの問いかけである」と語る古巣さん
こころの時代~宗教・人生~「長崎の祈り─水がめを運ぶ人々に導かれて─」
去年、250年にも及んだ禁教期の信仰を物語る12の資産が、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に登録された。カトリック長崎大司教区の司祭・古巣馨さん(64)は、五島列島・奈留島の出身。祖先は禁教期を生き抜いたキリシタンだ。激しい弾圧の下で多くの血が流された長崎で、人々はなぜ信仰を守り抜くことができたのか。この地に生きる司祭として、古巣さんは、自らに問い続けてきた。
【出演】カトリック長崎大司教区 司祭…古巣馨
+++
後半は、古巣神父の自伝的な内容で、とても心に深く語りかけられました。
特に古巣神父とお母様のやりとり。
本当に人一倍働き続け、苦労を重ねた働き者のお母様から神父になりたての頃に語られた言葉。
「お前は、神父になったのだから、人前で疲れたと言うな。それを言ったらそれを聞いた人たちはお前を避ける。
それを人前で言った時、お前はすでに報いを受けてしまっている。
疲れたらひとりで神の前に行き、そこで神に話せ。
そうすれば神が面倒をみてくださる」
私にも語りかけられている言葉のように感じました。
そして、神父がまだその役割を始めたばかりの頃にであった「薄幸の小学生」と「峰やんと呼ばれた精神を病んで病院に入院していたおじさん」の話は、心に訴えるものがありました。
私は古巣神父が、小さな子供からも、病者からも「教えられました」と表現しながら「受けた恵み」「教えられた生き方、あり方」を語っている姿にとても感銘を受けました。
そこには「いてくれてありがとう」の心があふれていました。謙遜な方だなと感じました。
いつか、会ってお話を聴きたいなと思いました。
幸い、明日(9月14日(土)午後1時~2時までEテレで再放送されます。
お時間があったら、ぜひ観てください。
心からご視聴お勧めします。

 

|

« 「大草原の小さな家」  | トップページ | 『生きるための図書館』 一人ひとりのために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大草原の小さな家」  | トップページ | 『生きるための図書館』 一人ひとりのために »