« チャンスには 前髪しかない ・・・ | トップページ | オールド ルーキー  »

2019年9月21日 (土)

『楽毅』 第四巻 宮城谷昌光

0002_20190919171701 『楽毅』 第四巻

宮城谷昌光 著

新潮社 1999年10月30日 発行

 「中山」(ちゅうざん)という小さな国を執拗に攻めてくる強国、「趙」(ちょう)から守り抜こうと大活躍してきた楽毅でしたけれど、ついにその国は滅んでしまうことになりました。けれど、死を覚悟して王と共に城に立てこもって抗戦している「中山」の兵士たちが600人居ることを知った趙の王は、その兵士たちの真情を思って、ハラハラと落涙します。自分が死ぬときに、一緒に死んでくれる臣下は何人居るだろうか、とまで思いを走らせます。

 全員討ち死にを覚悟していた「中山」の人たちは、辺境の地へ移動して生きることを許され、城を見事に明け渡して去って行きました。

 野望の実現に一歩近づいた趙の王は、その後、自分の子に乱を起こされて、命を落とします。家臣たちは逃げ去って、一人の家来もその場には居ない悲惨な状況で亡くなるのです。 

 失意の中にも利に走らず生き延びた楽毅は、「燕」の国王に見込まれ、懇願されてその力を活かすことになり、王の世代が代わった「趙」に使者として出かけました。

 こんな思いを彼は抱きます。

 政治とはおもいやりである、と極言してもよい。政治能力のなさとはおもいやりの欠如である。自分をおもいやる、とはいわぬものである。臣下ばかりか外臣をも気づかうことのできる恵文王は、けっして国をかたむけることはあるまい。「趙」はやはり「燕」の盟友にふさわしい国である、と楽毅は確信した。

 それまで、強い兵を育てて他国を侵略することだけに邁進していた王から、民をおもいやることの出来る王に代わることで、その国だけでなく周辺の国の民も、心のありどころが一変します。

 こういう文学を世に送り出す作家の存在は貴いですね。 立派な公用車の中で漫画を読んでいて、恥ずかしい発言を重ねても恥じるところのないかたにも 読んで欲しい本です。

 こういうことを書いてしまう私の心の浅さは、楽毅に遠く及びません。

 ともかくも、読書の秋  今日も良い日となりますように。

|

« チャンスには 前髪しかない ・・・ | トップページ | オールド ルーキー  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャンスには 前髪しかない ・・・ | トップページ | オールド ルーキー  »