« 『楽毅』 第四巻 宮城谷昌光 | トップページ | オールド ルーキー その2 »

2019年9月22日 (日)

オールド ルーキー 

Old Rookie オールド ルーキー ・・・ 年配の新人  こういうタイトルの映画があったような なかったような ・・・

 まずは、パソコンのオールドルーキーのこと 

 Windows7のサポートを発売元のMicrosoftが終了する日は、来年2020年の1月14日だそうです。本当は、売り出して大いに利益を上げたMicrosoft社には、半永久的にサポートし続ける責任があると思うのですけれど。

 発売元のサポートが終わるということは、その後も使い続けていくとセキュリティソフト上の不安が大きくなるということです。

 私は理工科系ではないので、素人なりの理解で、比喩を交えて短くこのことについて書かせていただきます。

 今、おもちのWindows7で動いているパソコンを家に例えてみますと、来年1月14日以降もそのパソコンに入っているウイルスセキュリティソフトは、その家の玄関の頼もしい番人として、不審な外来者をシャットアウトしてくれます。

 それで、安心なようなものですが、マイクロソフト社のサポートが打ち切られるということは、番人がいる玄関以外のところから家を崩す侵入者を防げなくなる、ということだと思います。 これもたとえで申し訳ありません。 そうです。 その家の土台から食い荒らしてしまうシロアリへの対策が打ち切られてしまうということです。玄関からのウイルス侵入は防げても、そうして守っている家が土台から揺り動かされてしまうと言うことです。 OS(オーエス)という管理ソフトの隙 セキュリティホールを狙って悪意をもった浸蝕者が入ってくる対策が講じられなくなると申しましょうか。

 そうなると、社会科か理科で習った三日月湖・・・本流から外れて取り残された部分がそうなるのですね・・・Windows7パソコンは、そういう状態になるのだと思います。

 マイクロスフト社としては、シロアリに浸蝕されない新しい建物を用意したので、そちらへ引っ越してください 引っ越し期間は数年間ありますよ といえるように、Windows10を登場させ、最初の内は無料でWindows7からバージョンアップできる期間も設けました。

 ただ、ある程度古いパソコンはWindows10を快適に働かせる力がないために、無料でのバージョンアップが出来なくて、Windows7の状態で使いきってください、という状態になっています。

 我が家にも、そういう状態のWindows7 ノートパソコンがあり、とてもよく活躍してくれているのですけれど、来年1月14日からは第一線を退くことを予定しています。 インターネットにつながらない状態にしてワープロや安全を確かめた音楽データなどを活用する使い方は出来ます。

 短くといいながら、ここまでかかってしまったので、明日か。それ以降に続きを書かせていただきます。

 今日も、良い日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝へお出かけください。

|

« 『楽毅』 第四巻 宮城谷昌光 | トップページ | オールド ルーキー その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『楽毅』 第四巻 宮城谷昌光 | トップページ | オールド ルーキー その2 »