« 気象病 岐阜新聞朝刊9月30日 「分水嶺」より | トップページ | 『我が人生の歌がたり』 昭和の哀歓  五木寛之 »

2019年10月 3日 (木)

味覚の秋  きつね丼

0035_20191002195001 きつね丼とサツマイモのレモン煮  この食事で私が担当したのは ・・・美味しく食べることでした。  

 このレモンは「瀬戸内のハワイ」と呼ばれる周防大島で育ったのを友人からいただいた物です。とても美味しくいただきました。

 ずっと昔 「あなた食べる人 わたし 作る人」 というような コマーシャルがありました、

 多分、「わたし 食べる人 あなた作る人」 では なかったと思うのですけれど。 

 どちらであっても、ご当人同士が それで納得していれば いいのですよね。

 でも、時々、役割を交代する 特に、どちらも作る人になれる ということは 大事なことであるように思います。

 私は 料理名人になれそうにありませんけれど、 昨日、テレビ番組で、レンジで厚焼き卵を作る場面を見て、「材料と分量を間違えずにセットし、あとは、レンジに よろしくね」と委ねることなら できるかもしれない と思いました。

 また、何か 成果がありましたら、掲載させていただきます。

 今日も、良い日となりますように。

 

|

« 気象病 岐阜新聞朝刊9月30日 「分水嶺」より | トップページ | 『我が人生の歌がたり』 昭和の哀歓  五木寛之 »

コメント

きつね丼、美味しそうですね。卵でとじると木の葉丼でしたでしょうか?たくさんお食べになって冬ごもりに備えてくださいね。ムーミン谷の冬は長いでしょうから。

※ ムーミンパパより
  おお、秋の次には冬が来るのでしたね・・・味覚の秋が到来したと喜んでいて、その先まで、正直にいって目も心も向いていませんでした。 先見の明を備えておられますね。うれしいことです。 木の葉丼、うかうかしていると小判に化けてしまいそうですね。美味しいうちに賞味するのが、小判よりも値打ちがありそうです。 冬ぞなえ 人は装い 木は落とす ・・・そういうことに一昨年 気がつき 不思議だなあ、世の中は と思いました。 よい日となりますように。

投稿: Litespeedebera | 2019年10月 3日 (木) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気象病 岐阜新聞朝刊9月30日 「分水嶺」より | トップページ | 『我が人生の歌がたり』 昭和の哀歓  五木寛之 »