« 上高地 パート2 | トップページ | 『人びとのかたち』 塩野七生 »

2019年11月11日 (月)

飛騨の郷土料理

 ふるさと高山の飲食店について、「あなたは、高山出身だから、高山の飲食店には詳しいだろう。今度高山に行くので教えて欲しい」と言われることがありました。 いまは、そういう依頼はないのですけれど。

0002_20191110141101  高校を卒業してからは高山で生活していないので、とくに「美味しくお酒が飲めるところ」というリクエストには、答える術がありません(^J^)

 今回、二泊三日の間に行く機会のあったお店では、こんな料理がありました。

 左側は、朴葉味噌(ほうばみそ)・・・小型の炭火のコンロに、枯れた朴葉を乗せ、お味噌、キノコ、ネギなどを温め、頃合いを見はからって、温かいご飯にのせていただきます。

 右側にあるのは、飛騨牛も具に加えた朴葉味噌です。

 中央は、ころいもの煮っ転がし ・・・ころいもは、小ぶりのジャガイモで、大きなジャガイモを掘り出すときに根っこにくっついて姿を現すお芋です。 いずれも 美味しくいただきました。

 飛騨のラーメンも美味しく、右の写真は、名匠 左甚五郎の名前にちなんで命名された 0005_20191110142401 

「甚五郎ラーメン」のパックを家で温めて、いただき物の飛騨の大根を加えたラーメンです。 

チャーシュー・白いネギ・スープはラーメンと一緒にパックになっています。

 ※ 左甚五郎さんが ラーメンを作ったわけではありません。 念のため。

 ・・・とても美味しかったです。 ありがとうございました。

 こうして秋は更けていき、11月8日が立冬でしたから、暦の上では、味覚の秋のフィナーレ

ということになりましょうか。 これからは、温かい鍋物がうれしい季節ですね。

 今日も良い日となりますように。

 今日、11月11日はマンモス校から分離した新設校が、初めて教育公開の会を開いた日で、開校以来勤務していた私には、とても思い出深い記念日です。数字の「1」が四つも並びますので、「オール 1 にならないで エースの フォーカードになるように」などと、励まし合って準備して臨んだことが懐かしいです。

 

|

« 上高地 パート2 | トップページ | 『人びとのかたち』 塩野七生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上高地 パート2 | トップページ | 『人びとのかたち』 塩野七生 »