« 岐阜新聞から 文芸欄 短歌・ローマ法王の来日を前に | トップページ | まど・みちおさんの ことばあそび   ー 声に出して 読んでみてくださいー »

2019年11月24日 (日)

この詩の題名は ・・・まど・みちおさんの詩   ー 教え子に ささげます ー

 「ぞうさん ぞうさん お鼻が長いのね」 の作者 まど・みちおさん ・・・ こういう詩も書いておられます。

 神さま

 私という耳かきに

 海を

 一どだけ掬(すく)わせてくださいまして

 ありがとうございました。

 海

 きれいでした

 この一滴(いってき)の

 夕焼を

 だいじにだいじに

 お届けにまいります

   ◇    □     ○    ※    ☆

 この詩を読むと、「人生は、神さまからの この世への ただ一度限りの ご招待」 という ことばを 思い浮かべます。

 すてきな詩だな と思います。

  ただ、この詩の題名をこのブログで書く勇気が、今までの私にはありませんでした。 どういう題だとお思いになりますか。

「臨終」という題名です。 ・・・104歳という長寿に達していたまど・みちおさんだからこそ、こういう題を付けることができたのかもしれません。

 

 まど・みちおさんは「れんしゅう」という題の詩を、

「今日も死を見送っている 生まれては立ち去っていく今日の死を/ 自転公転を続ける この地球上の/ すべての生き物が 生まれたばかりの/

今日の死を毎日見送りつづけている」 と書き始めています。 そして「ボクらがボクらじしんの死をむかえる日に/

あわてふためかないようにとあの/  やさしい天がそのれんしゅうをつづけてくださっているのだと気づかぬバカは /

まあこのよにはいないだろうということか /

と結んでいます。

 ◇    □    ○    ※    ☆

 この11月の初め、私が教師になって初めて出逢った教え子の一人が、「臨終」を迎えました。 難病ににかかり、厳しい状況で治療を続けながら、自転車でのヒルクライムを力を振り絞って続けました。行き先や、庭などの身近な自然に見出した美しい写真を交えて、 同じ病気と闘っている人への励ましと参考となればと、病状と治療方法、薬の名前なども克明にブログにアップしながら歩んだ彼でした。

 痛み、難病に進行によって体力・気力は大きな攻撃を受け続けていたに違いありません。奥さんの心づくしのお料理も、あまり食べることが出来ない状態が続いたようです。 けれど、彼は前向きに奥さん・ご家族と歩み続けました。

 上高地に行ったことを彼がブログにアップしたのは、10月20日。そして10月21日の記事「治療方針の変更」が結びとなりました。

よろしければ、彼のブログを訪れていただければと思います。 決して 暗くはありません。 力に満ちています。 頭がさがります。

https://ameblo.jp/litespeedbera/entry-12537652038.html

 

 11月上旬に 私が上高地に行けたのは、彼が眺め、身をおいた景観の中に出来るだけ早く ・・・ と高山の妹が心を込めて動いてくれたからでした。

  厳しい闘病生活を続けながら はかりしれない大きなことを雄々しく生き、身をもって教えてくれた教え子に、そしてそのご家族のことを思いつつ、心からの感謝と祈りを 捧げます。

  今日は日曜日。 キリスト教会の礼拝にお出かけください。 

 

 

 

 

 

|

« 岐阜新聞から 文芸欄 短歌・ローマ法王の来日を前に | トップページ | まど・みちおさんの ことばあそび   ー 声に出して 読んでみてくださいー »

コメント

初めまして
私は彼のブログのフォロワーで毎回美しい写真と闘病中にも関わらず前向きでユーモアもあり、自然にも読まれている方にも優しく毎回癒して頂いていました。 私へのコメントを最後に途切れてしまっていて心配でこちらに来させて頂きました。 
残念です。 おそらくとても辛かったでしょうに、辛い事も書きたかったでしょうに、彼の優しさでしょうね。
H先生の本に奇跡を起こした例がたくさんありましたので、緩和治療でもまだまだと大丈夫と思って応援していました。
ムーミンパパさんの優しいコメントにも私は癒して頂いていました。
またこちらにも時々見に来させて頂きますね。
※ ムーミンパパより
 あたたかいコメントをありがとうございます。彼のブログのフォロワーであってくださったこと、嬉しく思います。 彼が身体は厳しい状況にあって、上高地、そのほかのところへ出かけていたこと、ユーモアも込めてブログを更新し続けていたことは、奇跡と呼んでよいように思います。ともに歩んでこられたご家族あればこそ、と感じています。 寒くなりますが、どうぞ、あたたかくしてお歩みくださいますように。このブログを訪れていただけたら嬉しいです。 きょうも、良い日となりますように。

投稿: nonnon87 | 2019年11月27日 (水) 00時19分

初めまして
私は彼のブログのフォロワーで毎回美しい写真と闘病中にも関わらず前向きでユーモアもあり、自然にも読まれている方にも優しく毎回癒して頂いていました。 私へのコメントを最後に途切れてしまっていて心配でこちらに来させて頂きました。 
残念です。 おそらくとても辛かったでしょうに、辛い事も書きたかったでしょうに、彼の優しさでしょうね。
H先生の本に奇跡を起こした例がたくさんありましたので、緩和治療でもまだまだと大丈夫と思って応援していました。
ムーミンパパさんの優しいコメントにも私は癒して頂いていました。
またこちらにも時々見に来させて頂きますね。

※ ムーミンパパより
 温かいコメント、ありがとうございます。 彼は私の最初の教え子の一人 そして、私の遙かに及ばない大きな人物です。 偲びつつ、ともに生きたいと思います。 このコメントの公開、遅くなって申し訳ありません。 どうぞ、これからも、よろしくお願いいたします。
 今日も、良い日となりますように。

投稿: nonnon87 | 2019年11月27日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岐阜新聞から 文芸欄 短歌・ローマ法王の来日を前に | トップページ | まど・みちおさんの ことばあそび   ー 声に出して 読んでみてくださいー »